CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< ラーメン二郎 仙川店 | main | The Orb - Moonbuilding 2703 AD Remixes / Sin In Space Pt.1 (Kompakt:KOM 336) >>
Fred P. - Expressing Dark Matter EP (Rex Club Music:RCM002)
Fred P. - Expressing Dark Matter EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

88年のオープンからフランスのパーティーシーンを支えてきた名門クラブ・Rex Clubが、昨年遂にレーベルとしての活動を始動させた。そのカタログ第2弾は今やUSディープ・ハウス/テクノの新世代としての中心的存在になっているFred PeterkinことFred P.によるもので、作品によってはアンビエントやリスニング向けの作品を作る事もある彼が、今回は完全なるパーティー向けのテック・ハウスを手掛けている。"Wave Patterns"は10分にも及ぶ壮大な曲で、荘厳なテック・ハウスともスピリチュアルなディープ・ハウスとでも表現出来るであろう。確かに骨太で前へ前へと進む力強いキックはフロアに存在するべきものだが、床から沸き立つように薫ってくるアンビエント感を含んだシンセの層は、彼らしい穏やかな陶酔を誘発する。大きく揺さぶりをかけるのではなく、水平方向に滑っていくような滑らかなグルーヴも相まって、何処までも続くその陶酔の持続感は素晴らしい。"Unbroken Circle"も路線的には同じタイプで、空気のようなふんわりとしたパッドが情緒的なメロディーをなぞりつつ、途中からは星の煌きのような繊細なサウンドも入ってくる流麗なテック・ハウスだ。若干リズムの強さを抑えながら安定感を打ち出して、感動的な宇宙遊泳を楽しむようにも感じられる。一方で"Continuous Sensations"は先ずはざらついたハイハットやハンドクラップのようなリズムが耳に入ってくるが、なだらかに上下するパッドの揺らぎやコズミックなシンセのメロディーは闇を照らす月明かりのような美しさがあり、ファンキーなリズムと情緒的なメロディーによる朝方向けの穏やかな曲だ。パーティーのピークタイムからアフターアワーズにまで使えるような3曲を収録しており、そこにFred P.らしい軽くも瞑想的なアンビエントの要素が深い世界へと誘ってくれる事だろう。



Check "Fred P."
| TECHNO12 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック