CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Gigi Masin, Alessandro Monti, Alessandro Pizzin - The Wind Collectors / As Witness Our Hands (Diplodisc:dpl 009) | main | 2016/4/2 Contact Opening Party -Deep Space- @ Contact >>
Nick Anthony - Battle Of The Beats EP (Rowtag Records:RTG 004)
Nick Anthony - Battle Of The Beats EP

日本ではいまいちパッとしないものの、ここ数年自分が追いかけ続けているイタリアのNick Anthony Simoncinoは、オールド・スクールなシカゴ・ハウスやデトロイト・テクノを愛し、ヴィンテージなドラムマシンやシンセを愛用する偏執的なアーティストとして名高い。Mathematics RecordingsやSkylaxにL.I.E.S.やCreme Organizationなど、その他にも多くのレーベルから作品をリリースしており、非常に多作ながらも全くと言ってよい程にぶれない作風は、正に彼の偏執狂な音楽センスを示している。という訳でやはりなのかこの新作もヴィンテージなアナログ機材を用いた作風だそうで、いつも通りの変わらないレトロで何だか時代を感じる古臭いハウスが並んでいる。作品の頭にはドラマティックな幕開けを演出する"Jarre Tape"が待っており、SF的な未来の街の風景を喚起させるシンセが美しいノンビートの曲でぐっと心を鷲掴み。そこに続く"Escape From Area"では物哀しいアナログシンセのフレーズが絡みながら、ドタドタとした辿々しいキックやパーカッションがビートを刻む初期シカゴ・ハウスのような味わいを感じさせ、その音の古臭い鳴りがより一層哀愁を強めている。"Il Sole Boogie"もはやり簡素な質のキックなもののビートはよりハウシーで、絡み合うような綺麗な流れのシンセやしっかりと低音を支えるベースなど、もっさりと垢抜けない懐かしみがあるオールド・スクールを体現するシカゴ・ハウスだ。裏面にはやたらと手数の多いパーカッションが目立つも陽気なムードのメロディーが温もりを生む"La Luna Boogie"や、切れのあるハイハットとジャッキンなベースが前面に出たリズム重視のファンキーな"Bite The Bass"と、これらも当然レトロな時代感が堪らない。新作であろうが金太郎飴のような作風には一切の気負いはなく、Simoncinoにとってはただただ修行僧のように丹念に繰り返しルーツを追い求め続ける事が、彼の音楽人生のように思えるのだ。



Check "Simoncino"
| HOUSE11 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3874
トラックバック