CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2016/5/21 Sunset Lounge @ 江ノ島展望台 | main | Dazzle Drums - Concrete Jungle (Nulu Electronic:NULUEL019) >>
Elia Perrone / Gigi Masin - Stella (Unclear Records:UNCLEAR 013)
Elia Perrone Gigi Masin - Stella
Amazonで詳しく見る(MP3)

Music From Memoryからの再発が契機となり埋もれた名作の復刻が続くイタリアの音響音楽家・Gigi Masinであるが、決して過去の作品だけに頼る訳でもなく現在のダンス・ミュージックのアーティストとも交流しながら新作を出すなど、チャンスを物にして再度シーンへと返り咲いたのは本質的な実力があるからこそ。そして今度はイタリアでUnclear Recordsを主宰するElia Perroneと手を組み、彼のレーベルから更なる新作を世に放っている。Perrone自身はハウス・ミュージックを手掛け、レーベルとしてもモダンなハウス中心だったりするところにMasinの名が出てくるのは意外かもしれないが、それもダンス・ミュージック側からMasinへと寄り添っている状況を理解すれば不思議な事ではないのだろう。"Stella"はビートレスな作風がアンビエントを思わせる点もあるが、荘厳なストリングスや耽美なピアノの旋律を用いて生の質感を打ち出しているのは、Masinによる影響だろう。そこにおどろおどろしいエレクトロニクスの音響が胎動を加えているが、荒立たない静けさが広がる音響は静謐でさえある。"Garden Blues"ではトリップ・ホップのような粘性の高いビートが入り、捻れるような電子音やぼやけたエフェクトが施されたシンセが霞の奥に消え入るような音を鳴らし、物哀しさが胸に込み上げるダウンテンポな曲となっている。そして注目すべきは本作でもやはりと言うか、Juju & JordashとNiro Love Mumによるダンスシーンからのリミキサーが起用されており、原曲の面影を残しながらもフロアに即したリミックスが成されているのは特筆すべき事だろう。元々のピアノやストリングスの旋律に加え幻惑的なシンセのフレーズも追加し、更に軽快なハウスのキックが加わった"Stella (Juju & Jordash Remix)"は、ロウな質感も目立つが奥ゆかしさを残している。そしてダウンテンポから規則性のある4つ打ちへと生まれ変わった”Garden Blue (Niro Love Mum Remix)”は、原曲のイメージを損なわずに機能的なディープ・ハウスの体をなしている。違和感のないダンス系のリミックスを収録する事は、よりMasinに対する間口を広げる事へと繋がり更なる再評価を得るのは間違いなく、今からでもMasinの追うのは全く遅くないのだ。



Check "Elia Perrone" & "Gigi Masin"
| HOUSE11 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3906
トラックバック