CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Sai - Goes Into Space (Groovement:GR025) | main | Eduardo De La Calle - Collected (Mental Groove Records:MG112CD) >>
Omar S - The Best (FXHE Records:AOS 4000)
Omar S - The Best
Amazonで詳しく見る(US盤)

若手アーティストでありながらギャラが高いとか、作品が高額であるとか、最近のデトロイト・テクノ/ハウスにありがちな傾向はOmar Sにも当てはまる。その上、3年ぶりとなる新作のタイトルは『The Best』と、特にベスト・アルバムでないにもかかわらずこの有様は、ふてぶてしいと言わざるを得ない。だがそんなタイトルも実際に作品を聴けば納得させられる点もあり、確かに彼の成熟したキャリアの既に辿り着いたモータウン・ミニマルの境地と呼びたくなる。新作にはベテランであるNorm TalleyやAmp Fiddler、Divinityに若手のKyle HallやBig Strickなど、デトロイト勢で塗り固めたようにゲストを招いており、その意味でアルバムは正にデトロイトの音を語っている。アルバムは錆びたように鈍い唸りを聴かせるかっちりしたビートの"Time Mo 1"で始まり、序盤からロウな質感を打ち出しつつも荒廃した街の中にもソウルを感じさせるような温もりが伝わってくる。続く"Take Ya Pick, Nik!!!!!"も不気味で悲しげなシンセに導かれるロウ・ハウスで、この虚無感さえ発する作風はOmar Sのアンダーグラウンドな音楽性だ。"Chama Piru's"なんかはKyle Hallにも通じるようなダブ・ステップ以降のロウ・ハウスと言った趣きで、しかしHallを掘り起こしたのはOmar Sなのだからそれも当然か。Amp Fiddlerを歌でフィーチャーした"Ah'Revolution (Poli Grip For Partials Mix'Nik)"、Big Strickをフィーチャーした"Seen Was Set"と、ボーカリストを招いた曲ではソウルやディープ・ハウス仕立ての作風もあり、心の芯から温めるようなエモーショナルな響きを聴かせるのもデトロイトらしい。かと思えばジワジワと不気味なアシッド・ベースが迫り来る"Bitch....I'll Buy Another One!!!"など、一転して退廃的でDJツール的としての機能を高めた作風もある。ハウスにミニマル、ファンクやソウルにR&Bなど曲毎に様々な姿を見せるアルバムは確かに多様性が詰まったベスト盤のようでもあるが、しかし実際にはその完成度の高さからベストである事もOmar Sは証明しているのだ。粗雑で汚らしく、しかし生々しくソウルフルで、野蛮の中にも存在する美しさがあり、喜怒哀楽が詰まった感情的なデトロイト・ソウル。The Bestのタイトルに偽りはない。



Check "Omar S"
| HOUSE11 | 13:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
作品が高額なのは、安売りしたくないってことなんでしょうかねー。
しかしこのアルバム、theo parrishとかのロウなテクノ・ハウスですけど聞きやすい音作りでいいですよねー。ボーカルもちょこちょこ入っていますし。
| ありたん | 2016/06/25 7:43 AM |
>ありたんさん
彼なりの作品に対する自負なのかと思ったり。
作風は色々あるけど基本的にはロウで、そしてファンキーかつソウルフル、正にデトロイトですね。
| マチュ | 2016/06/25 7:54 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3922
トラックバック