CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2016/7/1 Moodymann Japan Tour 2016 @ Contact | main | Alex Danilov - Noises EP (Arma:ARMA 12) >>
Fumiya Tanaka - You Find The Sky (Perlon:PERL107CD)
Fumiya Tanaka - You Find The Sky
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
何と前作『Unknown 3』(過去レビュー)から8年ぶりとなるアルバムをPerlonからリリースした田中フミヤ。日本のダンス・ミュージックの方面でのミニマルを長らく引率してきたのは彼である事は間違いなく、テクノとハウスの中庸を保ちながらミニマルを追求したDJプレイは、今海外で正当に評価されているようだ。それは制作面でも同様だろう。ここ数年はベルリンに拠点を移して活動をしているせいか忘れがちだったが、自身のSundanceやTorema RecordsのみならずPerlonやMinibarからも作品をリリースするなど継続的にEPは制作しており、それぞれの作品でミニマルを基軸にアフロやジャズの要素を持ち込みながら艶かしくもフロアに根ざした機能的なトラックを手掛けてきた。その意味でアルバムはここ数年の成果が結実した集大成と考えるべきで、制作面から見たアーティストとしても円熟を迎えている。スタイルとしてはRicardo Villalobosの影響下にあるのは間違いないのだが、非4つ打ちのリズムと湿度を帯びた艶かしいミニマル・ハウスであった『Unknown 3』を更に推し進めた本作は、ここでおおよその完成形を成している。ギクシャクとしたリズムと多層なパーカッション、そして抽象性を打ち出すように挿入される断片的なボーカル・サンプルが引きずられる"Munique Uncertain"からして、その手の平をすり抜けていくような幻惑性は中毒的だ。"Find The Key 2012"は比較的4つ打ちに近いが微細なリズムが均一性を崩し、そしてしとやかで控え目なピアノが滴り落ちるように入ると、美しもありながら不安や不気味さが底から這い出してくる。フロアでの盛り上がりを誘う展開も考慮されており、例えば"Swallowed Memory"ではキックの無いビートレスな序盤でアンビエント感を出しつつ、そこから徐々に昂揚を積み上げるようにキックが入りながらどろどろとした闇を突き進む流れは、正にDJとしての視点で作られている。アルバムの中で最もハウスのマナーに沿った"The Mysterious Pocket Is Right"は素直に心地良く聞けるが、生々しいベースラインと虚空さを演出する上モノ、そして繊細に編まれたパーカッションが一体となり、静かに耳を傾けて聴けばその緻密な構成に魅了される事だろう。どれもこれも瞬間的な爆発力を伴うアンセム的な要素は皆無で、だからこそミックスされるべきDJツールとしての機能性を十分に含んでいるが、それは決して淡白にはならずに有機的な鳴りが地味ながらもエモーショナルに響いている。



Check "Fumiya Tanaka"
| TECHNO12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック