CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Fumiya Tanaka - You Find The Sky (Perlon:PERL107CD) | main | Motor City Drum Ensemble - Selectors 001 (Dekmantel:DKMNTL-SLCTRS001) >>
Alex Danilov - Noises EP (Arma:ARMA 12)
Alex Danilov - Noises EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

ロシアン・ハウスの台頭を代表する一人・Alex Danilovは、RawaxやRough House Rosieから少しばかりアシッディーかつロウで、そして心地良い残響が広がるダブ処理を伴ったハウス作品をリリースしている。浮遊感なりアンビエントな感覚なりも含むその音楽性はロシアン・ハウス一派に多く共通するものであり、濃霧で惑わすようなアブストラクトな音像が特徴だ。そんな地域のアーティストが躍進したここ2~3年、しかしDanilovは一切作品をリリースしなかったのだが、2年半ぶりとなるこの新作はややテクノ寄りとなるダンス・フロアを強く意識している。それが表れているのが"Inside"で、鋭利なハイハットとアシッドな電子音のリフで引っ張って行く冷気ささえ漂うトラックは、しかし勿論微かな残響も加えて空間の奥行きを感じさせる。しかし過去の作品と比較すればやはりミニマルな要素が強く打ち出され、淡々と無機質な響きがツール性を強固にしている。一方で彼らしい作品は"Noises"だろう、弛緩した4つ打ちの上に寒波が吹き荒れるようなぼんやりとしたサウンドが覆い、奇妙な電子音が刺し込むアブストラクトな作風は未知なる世界を突き進む深遠さがある。両者の中庸にあるのが裏面の"Unknown Numbers"で、アブストラクトな音像とジャジーながらもかっちりしたキックを組み合わせ、足元が浮くような心地良い浮遊感を生むディープ・ハウスだ。そんな曲をリミックスしたのが今や飛ぶ鳥を落とす勢いのFred P.で、重いキックの4つ打ちを導入し地響きの如く揺らしをかけながら層になって伸びていくような幻想的なパッドを加えた"Unknown Numbers (Fred P reshape)"は、アンビエントな空気感もあって完全にFred P.の作品として生まれ変わっている。尺も長くDJ向きの構成になり、本作の中で最も踊れるダンス・トラックになのは言うまでもない。



Check "Alex Danilov"
| TECHNO12 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3934
トラックバック