CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
ACID CITY 3
ACID CITY 3 (JUGEMレビュー »)
DJ EMMA,Hideo Kobayashi,Tomomi Ukumori,NUDE,Zeebra,CHIDA,Rubber Bank,Stephane K,Dj Koutarou.A,MALAWI ROCKS,KEITA SANO,SERi,909state,KEN ISHII,GONNO,Kuniyuki
RECOMMEND
RECOMMEND
暗やみの色 [Analog]
暗やみの色 [Analog] (JUGEMレビュー »)
rei harakami レイ・ハラカミ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
3 [12 inch Analog]
3 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Kraftwerk
クラフトワークの3-Dライブの8タイトルがアナログ化で8枚組。全てダウンロードコード付き。6/9リリース!
RECOMMEND
NARKOPOP
NARKOPOP (JUGEMレビュー »)
GAS,Wolfgang Voigt
Mike InkことWolfgang VoigtことGasによる久しぶりのアルバムが登場。霧靄に包まれた音響アンビエントは変わらず。4/21リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Alex Danilov - Noises EP (Arma:ARMA 12) | main | James Holden & Camilo Tirado / Luke Abbott - Outdoor Museum Of Fractals / 555Hz (Border Community:48BC) >>
Motor City Drum Ensemble - Selectors 001 (Dekmantel:DKMNTL-SLCTRS001)
Motor City Drum Ensemble - Selectors 001
Amazonで詳しく見る(US盤)

デトロイトの音楽性も咀嚼し黒い芳香と粘性の高いディープ・ハウスやビートダウン・ハウスを完成させ、一躍時の人となったDanilo PlessowことMotor City Drum Ensembleは、作曲家としてでだけでなくDJとしての評価も一際抜きん出ている。5年前のMIXCDである『DJ Kicks』(過去レビュー)においてもテクノやシカゴ・ハウスのみならず、懐かしいディスコやコズミックなジャズに湿地帯を匂わせるダブもミックスし、ブラック・ミュージックを根底に置きながら単に踊る為だけ以上の豊かな音楽性を披露した。そこに当然必要となるのが各DJ毎のネタ、つまりはレコードとなる訳だが、デジタル配信が増えた現在に於いてもまだデジタル化されない貴重な音源は数多く、それらを如何に入手するかがDJにとっての一つの仕事である事に異論はないだろう。だがしかし、Plessowはそういった秘密兵器を隠す事なく、多くの人と共有する事を躊躇わない。そんな背景もあってDekmantelからリリースされた本作は、正に彼の秘密兵器を公開し、そして他の若いDJ達にも使って欲しいという思いも込められた正に「Selectors」としての内容だ。古くは1978年のファンクから最も新しいのでは1997年のディープ・ハウスまで、しかし一般的には恐らく知れ渡っていないであろうレアな曲が収録されている。アルバムの前半は主にハウスで、DJ Slym Fas(知らなかったのだが何とTony Ollivierraの変名だ)の"Luv Music"の耽美なエレピの旋律やコズミックなシンセの使い方が特徴の野暮ったいディープ・ハウスは、例えばMCDEの新曲だと言われても気付かない位に音楽性に類似点が見受けられる。House Of Jazzによる典型的な90年代のUSハウスである"Hold Your Head Up"の甘くもゴスペル的な歌、20 Belowの弾力性のあるファットなベースがうねりシンセが優雅な芳香を匂わせる"A Lil Tribute To The Moody Black Keys"など、これらもMCDEのDJセットに入るのもその音楽性を理解すれば極自然に思われる。アルバムの後半は更に時代を遡り、Lickyによるアフロな熱さもある陽気なファンクな"African Rock"、RAhzzのテンション沸騰で血が滾るゴージャスなディスコの"New York's Movin"など、ファンク/ソウル/ディスコといったよりルーツ的な選曲だ。ミックスではなく敢えてコンピレーションとしたのは当然DJとし使って欲しいという気持ちの表れだが、そのおかげでリスニングとしても各曲の魅力をそのままに体験出来るに事にも繋がっており、DJにもリスナーにもありがたい作品なのだ。MCDEのルーツを探る意味でも、面白さもある。



Check "Motor City Drum Ensemble"

Tracklistは続きで。
01. DJ Slym Fas - Luv Music
02. House Of Jazz - Hold Your Head Up
03. 20 Below - A Lil Tribute To The Moody Black Keys
04. Risque III - Essence Of A Dream
05. Licky - African Rock
06. Raphael Green - Don't Mess With The Devil
07. Ahzz - New York's Movin (Instrumental)
08. Bill Deal - Freak n Freeze
| HOUSE11 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 10:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3935
トラックバック
Selectors 001 / Motor City Drum Ensemble
先日、最寄りの diskunion で White Mouse の未開封 Basic Replay 盤を中古価格で買った話を書いたのだが、今日の Motor City Drum Ensemble 盤も diskunion の通販で送料無料になるまであと 1 枚何か買わなきゃといろいろ物色しているときに発見した未開封中古盤。
| 音盤収集病患者の館 − 裏 MDRH | 2017/02/13 1:12 AM |