CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
ジ・ワン
ジ・ワン (JUGEMレビュー »)
ウィル・セッションズ & アンプ・フィドラー Feat. デイムス・ブラウン,DAMES BROWN WILL SESSIONS & AMP FIDDLER Feat
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEUE TANZ
NEUE TANZ (JUGEMレビュー »)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< James Holden & Camilo Tirado / Luke Abbott - Outdoor Museum Of Fractals / 555Hz (Border Community:48BC) | main | Joaquin Joe Claussell - Thank You Universe (Sacred Rhythm Music:SRM.1003) >>
Asian Psilocybe Foundation - Water Vein EP (Mental Groove Records:MG115)
Asian Psilocybe Foundation - Water Vein EP
Amazonで詳しく見る(MP3)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
「Water Vein」=「水脈」というタイトル、プロモ盤の碧々しい屋久杉が鎮座する森の風景を写したジャケット、そこから感じられるのは生命の息吹。数多くの才能を抱えるスイスのMental Grooveからおそらく初となる邦人アーティストのリリースとなったのが本作で、手掛けているのは今正にアーティストとして注目を集めるAsian Psilocybe Foundationだ。少し前にリリースされ初のソロ作品となった「Cosmic Dance EP」(過去レビュー)はダンスフロアの爆発力を封じ込めたような内容だったが、本作はよりAPFのパーソナルな音楽性が反映されているようで、前述した大地の霊的なパワーを受信し創造力溢れるテクノ〜アンビエントへと昇華したのだろうか。それぞれの曲には日本語でのタイトルがつけられており、インスピレーションの元になった場所がおおよそ想像出来る。"Forest Of Doshi"はスピリチュアルな鐘の音やシタールらしき民族的な音を基軸に、静かに深い瞑想へと誘うイントロ的な作品で、ここからもAPFの音楽性の背景が感じ取れるだろう。続く"Operation Bean(豆の舞)"は躍動的に振れるベースラインとあっさりと軽快な4つ打ちに導かれ、そこに素朴で柔らかい笛の音のようなフレーズが反復し、フィールド・レコーディングであろうあぶくの弾ける音も入ってくれば、まるで新緑茂る森の中を闊歩するような爽やかなテック・ハウスになる。富士の樹海を示す"Aokigahara"、ヒプノティックで土着感の強いリズムが大地の営みを感じさせ、そこにオーガニックな音色や透明感のある電子音が鮮やかな色彩を描き出す天然ダンス・トラック。最後はDJとして全国で活躍中のDJ YogurtとMojaによるリミックスの"Water Vein (DJ Yogurt & Moja Remix)"で、聞いた限りでは"Operation Bean"をダブ処理により奥深さを生む事で開放感ある野外向きのリミックスをしているようだ。清涼な水や空気が体の隅々まで行き渡るような綺麗なトランス感覚があり、水脈から生命力が溢れ出すような心地良さだ。レーベルの案内では「森林、水、土、太陽を感じて欲しい!」との記載もあり、APFが自然の中からインスピレーションとパワーを受けて制作した本作は、テクノという枠を越えたユニークな作品だ。



Check "Asian Psilocybe Foundation"
| TECHNO12 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3936
トラックバック