CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
GIGI MASIN FOR GOOD MELLOWS
GIGI MASIN FOR GOOD MELLOWS (JUGEMレビュー »)
V.A.(監修・選曲:橋本 徹)
橋本徹によるGood Mellowシリーズに現代耽美派のGigi Masinが登場。メロウな選曲には定評のある橋本チョイスなので、間違い無し。4/19リリース!
RECOMMEND
VERSUS [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC546)
VERSUS [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC546) (JUGEMレビュー »)
CARL CRAIG,カール・クレイグ
Carl Craigの名曲がクラシックで蘇る。アレンジはフランチェスコ・トリスターノ。4/28リリース!
RECOMMEND
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー (JUGEMレビュー »)
ロン・トレント,RON TRENT
Ron TrentによるPrescriptionからリリースされてベスト盤が2枚組でリリース。シカゴ・ディープ・ハウスの壮大な深さを体験。3/15リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

故ヨコタススムの初期名義、RingoのPlantationがリイシュー。ポップでテクノでハウシーな作品。3/27リリース!
RECOMMEND
HARMONIES (ハーモニーズ)
HARMONIES (ハーモニーズ) (JUGEMレビュー »)
LORD ECHO,ロード・エコー
ラヴァーズ・レゲエユニットのロードエコーによる3枚目のアルバムが到着。ファンキーでメロウなアルバムは4/7リリース!
RECOMMEND
Providence
Providence (JUGEMレビュー »)
Nathan Fake
Border CommunityからNinja Tuneへ移籍したNathan Fakeのニューアルバム。より変態的なサウンドに変化するのか?3/10リリース!
RECOMMEND
Selectors 002
Selectors 002 (JUGEMレビュー »)
Young Marco
Dekmantelのコンピレーションシリーズ第二段はYoung Marco。単なるレア盤にならない普遍的な作品を集めた内容だそうな。3/10リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Asian Psilocybe Foundation - Water Vein EP (Mental Groove Records:MG115) | main | CFCF - On Vacation (International Feel Recordings:IFEEL051) >>
Joaquin Joe Claussell - Thank You Universe (Sacred Rhythm Music:SRM.1003)
Joaquin Joe Claussell - Thank You Universe
Amazonで詳しく見る(日本盤)

実に8年ぶりとなるアルバムのタイトルは「Thank You Universe」、Joe Claussellによる無限の可能性を秘めた宇宙からインスピレーションを受けた意味合いが込められている。Joeはダンス・ミュージックを根底にしながらも創造性や霊的な力を頼りに、ハウスだけでなくアフロやジャズにサウンド・トラック的なもの、またはパンクやロックにまで枝分かれするほど幅広い音楽性を開拓し、その名義の多さもあって熱心なファンであっても全ての音源を把握するのは困難だ。そこに届けられた本作は近年のベスト盤と言うべきか、レア・バージョンやリミックスに未発表曲などを纏めた内容になっており、Joeの深い精神世界が体験出来る内容になっている。一言で表現するならばスピリチュアル・ハウスで、彼が得意とする温かみのあるアコースティック・ギターや爽快なパーカッションを用いたハウスが中心で、恐らくファンが最も好んでいるであろうスタイルが多くを占めている。1曲目の"Agora E Seu Tempo (Acroostic Percussion Mix)"は最早クラシックとさえ呼んでいい名曲で、オリジナルよりも頭のパーカッションを強調し生命力の躍動を表現したような展開から、そっと入ってくる美しいスパニッシュ・ギターのフレーズで優しさや希望に満たされるこの曲は、正にスピリチュアル・ハウスを体現する。Mental Remedy名義の"Heloise (Pt. One)"は初披露の曲で、ピアノとストリングスの音色を前面に打ち出し旋律の美しさを強調したインタールード的な趣きだが、ハウス中心のアルバムの中で安堵の場所を提供している。幾つかあるバージョンがある中でもレアな物が収録となった"The Sun The Moon Our Souls (Electric Voices Mix)"は、Joeもきっとお気に入りのバージョンであろうと思われ、2014年のBody & Soulでも夕日でオレンジ色に染まった背景の下でプレイしていたのが記憶に残っている。物哀しいアコギの旋律と層になって伸びるダビーなパーカッション、そしてゴスペルの祈りにも感じられる歌などが一つなり、今生きている事に感謝の念を述べるような儚いディープ・ハウスは永遠のクラシックだ。また盟友であるKuniyuki Takahashiの曲をリミックスした"All These Things ( Joaquin's Cosmic Arts For Otto Version)"は、7つのパートに分かれ22分にも及ぶ大作で、KuniyukiとJoeの相乗効果によって思慮深くも包容力に満ちた慈愛を体感するであろう。そして最後の目玉でもある"Most Beautiful (Joaquin's Sacred Rhythm Version)"、これも2014年のBody & Soulでプレイしフロアを沸かせていた曲で、爽やかなラテンビートと情熱的な歌による感情の起伏をもたらすソウルフル・ハウスは、ギミック無しにメロディーやリズム感の良さを打ち出して心と肉体を躍らせる。どれもこれも人間の内に秘めた感情を刺激し、そして肉体を鼓舞する躍動があり、Joeの祈りにも似た音楽は生命力をもらたすダンス・ミュージックなのだ。



Check "Joe Claussell"

Tracklistは続きで。
1 Joe Claussell - Agora E Seu Tempo (Acroostic Percussion Mix)
2 Mental Remedy - I Pray No More
3 Unchained Rhythums - Wail of the Heart (Alternate Cosmic Arts Version)
4 Mental Remedy - Heloise PT One
5 Mental Remedy - The Sun The Moon Our Souls (Electric Voices Mix)
6 Ayuri feat. Mental Remedy - Thank You Universe (Cosmic Arts Remix)
7 Joe Claussell - With More Love
8 Kuniyuki Takahashi - All These Things ( Joaquin's Cosmic Arts For Otto Version)
9 Mental Remedy - Mother Nature
10 Elements of Life.feat: Anane & Lisa Fischer - Most Beautiful (Joaquin's Sacred Rhythm Version)
| HOUSE11 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3937
トラックバック
Joaquin Joe Claussell Presents Thank You Universe
スピリチュアル・ハウスの代名詞 Joaquin Joe Claussell 絡みのコンピレ盤。リリース元はもちろん Sacred Rhythm。 &nbsp; 今作は、どうやら、既発のレア Remix ヴァージョンやら、デジタル・オンリー音源やらを寄せ集めてきたようで、Claussell 自身名義や M
| 音盤収集病患者の館 − 裏 MDRH | 2016/09/03 11:31 PM |