CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Petar Dundov - At The Turn Of Equilibrium (Music Man Records:MMCD042) | main | 2016/8/6 Hiroshi Watanabe Transmat “Multiverse” Release Tour Final @ Sankeys TYO >>
Nebraska - Look What You've Done To Me EP (Mister Saturday Night Records:MSN021)
Nebraska - Look What Youve Done To Me EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

絶好調、USはNYの次世代ディスコ/ハウスを提唱するMister Saturday Night Recordsの新作は、同レーベルの主力アーティストの一人であり旬のHeistやDelusions Of Grandeurなどからもリリースをする実力は折り紙つきのNebraskaの作品だ。今までの作風からサンプルのループを多用してブギーでディスコな音を鳴らすのが持ち味な事は明白で、緩急の差はあれどそれぞれがフロアに即したビート感があり、聴いて良し踊って良しとバランス感に長けた制作はアーティストとしての安定感がある。A面の"What You've Done To Me"は非常に穏やかで緩いグルーヴのディープ・ハウスだが、耽美なエレピで引っ張りつつ中盤から煌めくなシンセや分厚いベースが入ってくると、途端にゴージャスなディスコ・ハウス色を強める。コズミックなエフェクトやトランペットらしき音色も綺羅びやかさを演出し、遅いBPMの曲ながらもじっくりと盛り上げる展開は朝方の幸せが満ちるフロアに合うだろうか。"SOS Dub"のざっくりとした鈍い切れ味を持つリズム感は昨今のロウ・ハウスの影響を匂わせるが、ムーディーなのか不気味なのかひらひらとしたパッドが酔ったような効果をもたらし、Mister Saturday Nightらしい前衛的なハウスを思わせる曲もある。本作の中で派手なサンプル使いが成功しているのが"Done My Best"で、パーカッション弾ける勢いのある粗いグルーヴに優美なピアノのサンプル・ループや伸びやかなストリングスが多幸感を生み、肉体の底から激しく揺さぶるディスコ・ハウスはこれぞNebraskaの作風と言うべきものだ。それぞれ一夜の中でシーン別に分けて使える作風があり便利なEPであるが、もう実力は十分に分かっているので早く次のアルバムをと思わずにはいられない。



Check "Nebraska"
| HOUSE12 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 19:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3951
トラックバック