CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Stuntman Mike Car's Soundtrack (Part.2) (Troubled Kids Records:TKR013) | main | Mark Pritchard - Under The Sun (Warp Records:WARPCD244) >>
Seven Davis Jr. - Future Society (R2 Records:R2CD027)
Seven Davis Jr. - Future Society
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
USの次世代ハウスで頭角を現しているSeven Davis Jr.が、2015年の初のアルバムである『Universes』(過去レビュー)に続きリリースするのは、彼が選曲を担当したコンピレーションだ。Seven Davis Jr.と言えばかの伝説的なレーベルであるClassic Music Companyにも見初められ、そして現在はハウスへの接近を見せるNinja Tuneとも繋がり、今旬のハウス・アーティスト/シンガー/ライターである事に異論は無いだろう。Pファンク由来の熱いファンクネスと骨太な荒々しさを伴うハウス・ミュージックは、流行に寄り添う事なくSeven Davis Jr.の個性を光らせ、アーティストとしての期待を担っている。さて、そんな音楽性は本作にも如実に反映されており、大半の曲が未発表曲であるもののその熱量の高さや感情の揺さぶりはSeven Davis Jr.の音楽性に確かに通じている。Colm Kによる"Dream"は洒落たローズの下では艶かしいベースがうねり、熱くも優美でソウルフルなハウスだ。Perlairの"Dance With Me"は切れのあるジャジーグルーヴや明るめのシンセで弛緩したムードがあり、そこに囁き声のポエムも持ち込んで昼下がりの白昼夢にいるかのようだ。Ugly Discoの"Nutz"やOcnotesの"My Religion"など、土臭く荒削りな音を活かしたハウスは野性味があり、Seven Davis Jr.のファンクな音楽性と共通項を見出すのは容易い。Cave Circlesによる鈍いアシッド気味のベースがうなる"Living With Everyone"は、言われなければSeven Davis Jr.の新曲と思うようなロウでファンクなハウスだ。同じく熱量の高いのがJonna & Samwellによる"Alright"で、ディスコ風なトラックにゴスペル風なボーカルの導入もあって、血が滾るソウルフルなハウスは興奮を誘う。収録されたアーティストについて知っている事は殆どないものの、ここでSeven Davis Jr.がピックアップした事で彼等の後押しになる事は間違いなく、だからこそ未来への向かう事を示した“Future Society”と名付けられたのも納得だ。



Check "Seven Davis Jr"

Tracklistは続きで。
1. Clark & The Community - Jesus & The Stormtroppers
2. Colm K - Dream
3. Perlair feat Sharka - Dance With Me
4. Cervo - Oshala
5. Ugly Disco - Nuts
6. Ocnotes - My Religion
7. Cave Circles - Living With Everyone
8. Jonna & Samwell feat Erik Rico - Alright
9. I, CED - Forever
10. Clark & The Community - Papi
| HOUSE12 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 11:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3954
トラックバック