CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
セレブラル・ヘミスフィアーズ
セレブラル・ヘミスフィアーズ (JUGEMレビュー »)
ミスター・フィンガーズ,MR. FINGERS
RECOMMEND
BLACK SUN
BLACK SUN (JUGEMレビュー »)
FAR OUT MONSTER DISC
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Gonno & Nick Hoppner - Fantastic Planet (Ostgut Ton:o-ton95) | main | Sauce81 - Make It Move (Endless Flight:ENDLESS FLIGHT 73) >>
Juan Atkins & Moritz von Oswald Present Borderland - Transport (Tresor Records:Tresor.285CD)
Juan Atkins & Moritz von Oswald Present Borderland - Transport
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
かつてドイツを代表するテクノレーベルと言えば、Tresor Recordsであった事に異論はないだろう。デトロイトとベルリンを結び付ける重要な役割を果たしたレーベルが今年で遂に25周年を迎えたが、そこにアニバーサリー企画の一環として迎えられたのは正にTresorに相応しいプロジェクトで、デトロイト・テクノの開祖であるJuan Atkinsとミニマル・ダブの御大であるMoritz von OswaldによるBorderlandの新作だ。既に2013年には1stアルバム『Borderland』(過去レビュー)をリリースしており、そこでは彼等の個性であるコズミックな浮遊感にミニマルの構成とダブの音響を肩の力が抜けたセッションによって融和させていた。それから3年、彼等はシンプルさの中にデトロイト・テクノの宇宙観とミニマル・ダブの音楽性に磨きを掛けて、よりテクノ的な音楽性を強調したこれぞ王道と言わんばかりの貫禄を持つ作品を創り上げた。始まりはアルバムタイトルである"Transport"で、タイトなベースラインが深海の奥底で鳴っているような暗さを演出し、重厚なシンセの反復音が黙々と続く。時折ドラッギーな電子音の残響が舞う事で奥深い空間演出も行うダブの音楽性が光り、余り展開の無いミニマルな構成はMoritzによる業だろう。続く"Lightyears"では引き締まったミニマルなグルーヴを貫きながらも一気に開放感を増し、控えめに情緒を発する揺らぐような上モノが浮遊感を生み出している。この作風はMoritzがエンジニアとして参加していたModel 500の『Deep Space』の延長線上になるが、その時以上に構成は研ぎ澄まされ単純なループによって深みにハマらせる音楽性は円熟の極みに達している。先行EPである"Riod"のデトロイトらしいスペーシーなシンセによる宇宙の無重力感や贅肉を削ぎ落とし引き締まったグルーヴのミニマル・ハウス性は、正に『Deep Space』の続編である事に間違いはなく、あれから20年を経て二人のパイオニアの成長がはっきりと現れている。一方でダブ・ステップらしき崩れたビートに催眠的な電子音の反復や微かなリヴァーブを用いて闇の深さを垣間見せる"Merkur"は、現代っぽさを取り込みながらもテクノである軸はぶれていない。ノイズのようなエグい電子音が唸りながらもJuanによるコズミック性が強く出た"2600"を経て、ラストは二人による自由なセッションを繰り広げたように夢想のメロディーが広がっていく"Zeolites"で、無限に広がる宇宙の星々の間を旅するようにロマンティックで穏やかな体験が待ちびわている。決して驚くべき展開がある訳でもなく終始淡々としたクールな作品ではあるが、トレンドも商業性も全く意識する事なくこれがパイオニアの伝統工芸だと言わんばかりの強度を持った音はテクノである事を物静かに主張しており、色褪せる事のないクラシカルなテクノとしての品格を漂わせている。



Check "Juan Atkins" & "Moritz Von Oswald"
| TECHNO12 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3986
トラックバック