CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Sauce81 - Make It Move (Endless Flight:ENDLESS FLIGHT 73) | main | Joris Voorn - This Story Until Now (Green:GR23) >>
Quadra - Quadra Complete Selection 1995〜2007 Sketch From a Moment (Music In The Deep Cosmos:MITDC-1005)
Quadra - Quadra Complete Selection 1995〜2007 Sketch From a Moment
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3-Disc1) Amazonで詳しく見る(MP3-Disc2)
2016年、Transmatからはニューアルバムをリリースし更なる躍進を果たしたHiroshi Watanabe。それとは別に自身で作品のクオリティー・コントロールを行うべく「Music In The Deep Cosmos」を立ち上げて、より自分の意思が尊重された作品を送り出す事を始めた。その結果として、彼がまだニューヨークでDJ活動を行っていた1997年の失われた作品、Quadra名義の『Sketch From a Moment』が待望のリイシューとなった。この頃と言えばまだニューヨークはハードハウス全盛時代、そんな中で作品のリリースを始めたばかりのWanatabeはNite Grooves等からハードハウスの影響を受けた今よりも激しさと荒々しさが強調されたハウスを送り出しており、その意味ではまだ若さ故の攻撃性や野心が感じられる初々しさがあった。そして同時期、日本の今はクローズしてしまったFrogman Recordsからリリースしていた名義がこのQuadraで、幾つかのEPをリリースした後に、EPの曲を収録せずに独立したアルバムとして本作をリリースしたのだ。こちらの名義はどちらかと言うとテクノ寄りではあるがやはり時代の背景は存分に音楽性に反映されており、オープニングの"Outset"からしてズンドコした激しいリズム感にうねるベースライン、ドラッギーな旋律に飲み込まれる曲調は正にハードハウスのそれだ。続く"Spiritual"では暴力的なバスドラムが弾け覚醒的なシンセが闇の奥底で黒光りするような危うさがあり、最近の優しくエモーショナルな音楽性とは対照的に真夜中の狂騒を感じさせる。勿論"Water Lily"や"Devastation"のようにKaito節とも言える大らかで包容力のあるメロディーが映える曲、激しい曲に挟まれて癒やしとなるような"Phantom"や"Spell of Rain"など胸を締め付ける程のセンチメンタルな空気に満ちた曲など、その後の円熟時代へと至る予兆は既にここに存在しているのも事実だ。また、畳み掛けるしなやかなビートを刻むドラムン・ベースの"Ground Loop"は、当時の流行を意識している点もあり驚きを隠せない。そんな失われた名作が本人によるリマスターで復活した事を喜ぶべきだが、更に嬉しい事に過去のEPやコンピレーションに収録されていたQuadra名義の曲がシングル・コレクションとして纏められたCDも付いてくるのだから、ファンとしては言う事は無しだ。余りにも感動的な正に大空へと飛翔するような高揚感のあるテクノの"Sky"、そしてその未発表バージョン、2000年以降のレアな曲まで収録されており、そこから時代毎の変化も感じ取れるだろう。長らく失われていた作品だけに、Hiroshi Watanabeの今まで知る事の出来なかった面を知る事が出来る点においても、非常に価値のある復刻と言えよう。





Check "Hiroshi Watanabe"
| TECHNO12 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3988
トラックバック