CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Joris Voorn - This Story Until Now (Green:GR23) | main | 2016/10/9 Circus Tokyo 1st Anniversary -1Night 1DJ- Fumiya Tanaka @ Circus Tokyo >>
Prism - Metronome Melody (Sublime Records:MMCD20009-10)
Prism - Metronome Melody
Amazonで詳しく見る(日本盤)

2015年3月に急逝した日本のテクノ/ハウス・ミュージックの開拓者の一人でもある横田進、そんな彼に捧げるべくか再評価に伴う動きなのか、特に初期作品に絞った復刻が進んでいる。第一弾はレイヴシーンのピークアウト後の物哀しさを表現したアシッド・テクノの『Acid Mt.Fuji』だったが、第二弾には横田史に於ける最高傑作と呼んでも過言ではない1995年作の『Metronome Melody』が選ばれる事になった。様々なレーベルから、様々な名義を用い、様々な音楽に取り組んだ横田にとって本作は特に美しく甘美なメロディーとある種の儚さを表現したハウス・ミュージックであり、今となってはクラシックとでも呼びたくなる程の完璧なアルバムだ。出だしの"Sunday Brunch"からして傑作であり、凛として弾けるハウス・グルーヴに日曜昼間のうっとり感が正に漂うシンセのフレーズが反復し、滑らかに流れるビート感でふわふわと心も浮き立つ至福のダンス・ミュージックだ。続く"Aurora Mind"による太いキックやスネアによるヘビーな鼓動のハウスも堪らないが、"Gemini"にようにまったりと弛緩して溶けていくリズム感と耽美なピアノの和音、そしてアンビエントなムードも相まって真夜中のクラブとは対照的な開放感のある曲を聴くと、最早この頃から横田が既にクラブ・ミュージックの枠を越えた先を見据えていた事に驚きを感じずにはいられない。可愛らしく朗らかなメロディーに複雑で崩れたブレイク・ビーツが不思議な感覚を生む"Prominence"、コミカルなシンセのフレーズと少女のボイス・サンプルに何だか日常の中に癒やしを生む"Where"、そして何故かラストには『Acid Mt.Fuji』のアシッド・ハウスの残像なのかTR-909やTB-303によるトリップ感の強いアシッド・ハウスである"Ocean Blue"まで収録されており、やはりハウス中心とは言えどもそこには多彩な仕組みが散りばめられているのは横田の自由な創造性が故だろう。決して無から新しさを生むような新鮮さがある訳ではないが、既存の音楽を組み合わせながらも明るの中に侘び寂びや憂いを込めた音楽性は横田らしく、しっかりと彼の音であるという個性が成り立つのは才能の証だろう。そしてボーナスディスクは喜ばしい事に全曲未発表曲で構成されているが、アシッド・ハウス/テクノ中心ながらも素朴さと荒々しさが同居する点に、何か初期衝動を感じずにはいられない。

Check "Susumu Yokota"
| HOUSE12 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 18:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3990
トラックバック