CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ジ・ワン
ジ・ワン (JUGEMレビュー »)
ウィル・セッションズ & アンプ・フィドラー Feat. デイムス・ブラウン,DAMES BROWN WILL SESSIONS & AMP FIDDLER Feat
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEUE TANZ
NEUE TANZ (JUGEMレビュー »)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Technique RSD 2016 (Technique:TECHNIQUERSD2016) | main | Space Dimension Controller - Orange Melamine (Ninja Tune:ZENCD231) >>
Eddie C - On The Shore (Endless Flight:Endless Flight CD 16)
Eddie C - On The Shore
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
ビートダウン・ハウスやスローモー・ディスコでは名高いカナディアンのEdward CurrellyことEddie Cが、古巣Endless Flightから3年ぶり3作目となるアルバムをリリースした。真夜中のクラブに於けるハイエナジーで興奮を誘うダンス・ミュージックとは真逆の、むしろリラックスして遅いBPMによりメロウかつファンキーな音を丁寧に聞かせる音楽性は、リスニング性の観点からも素晴らしいものだ。新作はベルリンに移住してからの生活にインスピレーションを受けたそうで、スタジオに面しているベルリンのパンケ川の風景などリラックスした雰囲気の影響があり、確かにアルバム全体は和みに富んでいる。初っ端から随分とスローモーで肩の力が抜けたディスコ・テイストな"Fenyek"で始まり、長閑な田園風景が広がるような牧歌的な雰囲気さえ発している。続く"Low Road Dubs"はヒップ・ホップのリズム感が練り込められ、そのサンプリングベースであろうざっくりとした生っぽいビート感とミニマルな構成はEddie Cの得意技だ。爽快に闊歩するようなグルーヴに乗ってフルートらしき朗らかなメロディーが先導する"Wish You Were Here"、清涼かつ透明感のあるコズミック・ディスコな"Beyond Reality"など、野外にはまるであろうバレアリック感さえもある曲は実に心地良い。また本作では南国のトロピカルな空気も盛り込まれており、浮遊感のあるストリングスと爽やかなアコギに導かれる"Boipeba Praia"は穏やかで陽気なムードに溢れている。"Take Me (Extended Mareh Vacation Mix)"だけは硬質で重いキックと覚醒的な上モノのシンセが屋内型、または夜中のダンス・ミュージック的な迫力を兼ね備えており、アルバムの中ではやや異質だろう。それでも全体的にはヒップ・ホップにブレイク・ビーツのサンプリングやビート感を前面に出し、まったりと和んだメロウネスと切れ味あるファンクネスを生み出す事に成功しており、実にEddie Cらしい作品だ。ダンス・ミュージックとしての前提はありながら、部屋の中で空気と馴染むようなBGMとしての聞き方がぴったりだろう。



Check "Eddie C"
| HOUSE12 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3997
トラックバック