CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEWWAVE PROJECT (日本先行発売)
NEWWAVE PROJECT (日本先行発売) (JUGEMレビュー »)
KUNIYUKI TAKAHASHI
タカハシクニユキによるニュープロジェクト、その名もニューウェーブをコンセプトにしたアルバム。6/14リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
COSMIC SOUL ORIGINAL SOUNDTRACK
COSMIC SOUL ORIGINAL SOUNDTRACK (JUGEMレビュー »)
KAITO A.K.A. HIROSHI WATANABE
アート・コラボDVD「COSMIC SOUL」からワタナベヒロシによる音源のみがCD化。ボーナストラックも追加。6/14リリース!
RECOMMEND
3 [12 inch Analog]
3 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Kraftwerk
クラフトワークの3-Dライブの8タイトルがアナログ化で8枚組。全てダウンロードコード付き。6/9リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
NARKOPOP
NARKOPOP (JUGEMレビュー »)
GAS,Wolfgang Voigt
Mike InkことWolfgang VoigtことGasによる久しぶりのアルバムが登場。霧靄に包まれた音響アンビエントは変わらず。4/21リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2017/2/9 Amp Fiddler Japan Tour 2017 @ Contact | main | Keita Sano - Keita Sano (Rett I Fletta:RIF 010 CD) >>
Vince Watson - VW20 : Introspection (Everysoul:)
Vince Watson - VW20 Introspection
Amazonで詳しく見る(Part1)
 Amazonで詳しく見る(Part2) Amazonで詳しく見る(Part3)
Amazonで詳しく見る(Part4) Amazonで詳しく見る(Part5) Amazonで詳しく見る(Exclusive Beatless Trax)
デトロイト・テクノへの尊敬や畏敬の念を包み隠す事なく、恐らく業界内でも最大級の愛を指し示しているのがVince Watsonなのは、彼のFacebook等を閲覧している人は理解するだろう。当の本人はデトロイト・テクノから多大なる影響を受けながらも自分が作る音楽はデトロイト・テクノではないと強く主張しているが、もしかするとそれも尊敬する対象への存在感の大きさ故に、デトロイト・テクノと名乗る事をおこがましいと考えてもいるのかもしれない。しかし彼の音楽は決してそれに劣るものではなく、美しいシンセの旋律やエモーショナルと呼ばれる世界観、そして本家よりも洗練された綺麗な響きもあり、その良質なダンス・トラックは実際に多くのDJにプレイされ高い評価を獲得している。本作はそんな彼によるベスト盤的な作品で、活動20周年を記念して1996〜2016年までにリリースされた作品を纏めている。世界各地のレーベルからリリースする彼の作品を集めるにはそれなりの労力や資金が必要だったが、目出度くこうして纏められた事は本当に喜ばしい。そして単なるコンピレーションではなくリマスターが行われたり、曲によっては完全に2016年に適すように再構築されているそうで、古い曲も現在に合わせて進化を遂げているそうだ。どれもこれも名曲なので全部の解説をするのは避けさせて頂くが、Planet-Eからリリースされた"Renaissance"、これは彼の作品の中でも最も美しくエモーショナルなテクノだろう。闇の中で滴り落ちる官能的なピアノや黒光りするようなストリングスを用いて、深遠へと導くディープなテクノで意識も融解してしまう。13分にも及ぶ大作の"A Very Different World"は美しいパッドは用いながらもアシッド気味なシンセベースがうねる快楽的なテクノで、一方では"Every Soul Needs A Guide"のように空の下の開放的な場所にも合う爽やかなジャジー・テックハウスもあるが、雰囲気は異なれど心を揺さぶる情熱的な響きにおいてはVince節の統一感がある。勿論Ibadanからリリースされた名作"Mystical Rhythm"も忘れてはならない曲で、Ibadanらしい黒光りする空気を伴うディープ・ハウスは既にこの頃から確立されており、最近Yorubaからリリースされた漆黒のディープ・ハウスへの道はここから始まっていたのだ。そして本作にはファンの為に本作用に構築されたビートレス・バージョンも収録されており、そちらでは曲そのものの美しさをより強く感じ取る事が出来るはずだ。もしエモーショナルなテクノ、もし情緒的なハウスを求めている人は、是非とも本作を手に取って欲しい。



Check "Vince Watson"

Tracklistは続きで。
1.Renaissance - VW20 Mix
2.Bubbles - VW20 Mix
3.Love in F Minor - VW20 Mix
4.Floating Chamber - VW20 Mix
5.Maya - VW20 Mix
6.Moments in Time - VW20 Mix
7.A Very Different World - VW20 Mix
8.Found What Im Looking For - VW20 Mix
9.Eternal - VW20 Mix
10.Signals - VW20 Mix
11.Mystical Rhythm - VW20 Mix
12.Everything Changes - VW20 Mix
13.Come With Me - VW20 Mix
14.Solitude - VW20 Mix
15.Sublimina - VW20 Mix
16.Rephlexions - VW20 Mix
17.Kaleidoscope - VW20 Mix
18.Meaning of Life - VW20 Mix
19.Long Way From Home - VW20 Mix
20.Every Soul Needs A Guide - VW20
21.Pure Innersense - VW20 Mix
22.Refract - VW20 Mix
23.Never Too Late - VW20 Mix
24.Fragments IV - VW20 Mix
25.Q-Strings - VW20 Mix
26.Mystical Rhythm - Melancholic Mix (Exclusive)
27.Love in F Minor - String-apella (Exclusive)
28.Never Too Late - Rhodes-apella (Exclusive)
29.A Very Different World - Innerspace Mix (Exclusive)
30.Renaissance - Motor City Mix (Exclusive)
31.Found What Im Looking For - Rhodes-apella (Exclusive)
32.Floating Chamber - Ambient Mix (Exclusive)
33.Kaleidoscope - Intersteller Mix (Exclusive)
34.Come With Me - Chilled Mix (Exclusive)
| TECHNO12 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4034
トラックバック