CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Collapse EP[輸入盤CD](WAP423CD)
Collapse EP[輸入盤CD](WAP423CD) (JUGEMレビュー »)
APHEX TWIN,エイフェックス・ツイン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Beauty: A Journey Through Jeremy Underground's Collection (Spacetalk Records:STLKCD001) | main | Doms & Deykers - Evidence From A Good Source (3024:3024-028CD) >>
Aphex Twin - Cheetah EP (Warp Records:WAP391CD)
Aphex Twin - Cheetah EP
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
2014年の『Syro』(過去レビュー)での華々しい復活劇(後にこのアルバムはグラミー賞を受賞した!)以降、SoundCloudには膨大な未発表音源をアップロードするわ、コンセプチュアルなEPを2枚もリリースするわ、間違いなく活動が再度活発化しているRichard D. JamesことAphex Twin。常に人を食ったような音楽性、またはプロモーション方法やPVなどは何が本当で何が嘘かも分からない所もあるが、本作はタイトル通りにCheetah社の非常にレアなシンセサイザー・MS800を使用した作品だそうで、その扱い辛い機器をわざわざ用いる事でその機器自体のデモストレーションを自ら買って出たと捉えるべきなのだろうか(機材の使用が本当ならば)。そのシンセサイザーの音を楽しむという観点で聞くと、"CHEETAHT2 [Ld spectrum]"ではふらつくような不安定なパッドの裏で鳴っている多少光沢も含んだような朧気な電子音が恐らくそれなのだろうが、確かにその独特な鳴りはなかなか他では聞けるものではない。よりその音色を明確に体験出来るのはそれぞれ30秒前後のインタールードである"CHEETA1b ms800"や"CHEETA2 ms800"で、ただ音で戯れているだけのようにも思われるが、覚醒感と清涼感とほんのちょっとの毒気を含んだその電子音の個性はテクノ好きを十分に魅了するだろう。機材の特徴を率直に聞かせる為に近年の作品に比べると随分とシンプルで洗練されており、リズムもかつて程には奇抜ではなく分り易いダンス・グルーヴを刻んでいるが、明るさの中にも何処か歪んで捻くれた感覚が練り込まれており、Richard独特のユーモアとシニカルの狭間が展開されている。極度に扱い辛い機材を使用してこんなの簡単だぜっ!みたいに軽々と楽曲を披露しつつも、機材の特徴を生かしつつ自身の個性もしっかりと表現する辺りに、やはりRichardの天才肌があるのだ。と言う事で比較的大人しい作品ではあるものの、恍惚を誘う電子音の魅力を存分に味わいつつ、インテリジェンス/IDM系のテクノとしての確かな自負も伺える作品だ。尚、アナログ盤にはダウンロードコードも付いてくるので、買うならやはりアナログを勧めさせて頂く。



Check "Aphex Twin"
| TECHNO12 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4036
トラックバック