CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
?
? (JUGEMレビュー »)
MASANORI NOZAWA
MASANORI NOZAWAの初のアルバムは美しく情熱的なテクノ/ハウス、バレアリックなムードも。リミキサーにはXtalやInner ScienceにHiroshi Watanabeなど。2枚組で充実した力作です。12/27リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Trinidadian Deep - Guidance EP (Rough House Rosie:RHR 011) | main | 2017/1/13 Nick The Record Japan Tour 2017 @ Vent >>
Scuba - Fabric 90 (Fabric Records:fabric 179)
Scuba - Fabric 90
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
2016年8月に薬物により2名の若者が亡くなった事で一旦は閉鎖へと追い込まれたUKは名門クラブのFabricで、最後にプレイしたのがダブ・ステップで先陣を切るPaul RoseことScubaだったそうだ。本作はその出来事に前に制作されていたのでその出来事と特に関連付けられてはいなかったが、奇しくもクラブの閉鎖後に同レーベルより初めてリリースされた作品がScubaが手掛けた本作だったのは、何か運命的なモノを感じずにはいられない。Scubaと言えばテクノの現在の聖地であるベルリンはBerghainにダブ・ステップやベース・ミュージックによって攻勢をかけ、テクノとダブ・ステップの溝を埋めつつ、また本人もベルリン系のテクノへの傾倒を示す事で評価を獲得していた。しかし5年前にリリースされたアルバムは意識的にダブ・ステップから距離を置いて大衆的な作品をリリースし、当方はそこで一旦Scubaへの興味を失いかけていたのだが…。しかし、そこはやはりFabricシリーズに起用されただけあり、ダブ・ステップのビートとテクノのひんやりした質感によってかつてのアンダーグラウンドな雰囲気を十分に纏い、息もつかせぬ展開を駆け抜けるミックスを披露している。驚いた事に本作ではCDとしては19トラックに分けられているものの、実際には42にも及ぶ大量の曲が使用されており、常に複数の曲が入り組むように編み込まれる事でビートの多様性と緩急自在な展開を作り出している。そして単に勢いで飲み込んでいくだけの作品ではなく、例えば出だしではビートのある曲にPatrick Cowleyによる不安気なアンビエントの"Uhura"を被せて深遠な音響空間を作っていたり、ビートもかっちりした4つ打ちからボディーブローのように鳩尾に刺さる鋭利なダブ・ステップに端正なミニマル、または痺れるような覚醒感ある電子音や奥深い空間演出を成すダビーな音響など、様々な要素を散りばめながらそれらがばらばらになる事なく一つの世界観として纏めあげている。確かに余りにも膨大な曲を用いてはいるのだがそれらはベルリン的な冷たさや闇のムードによって結び付けられており、ここでは意識的でなければテクノとダブ・ステップの垣根を感じる事は無いほどだ。そして作品の最も盛り上がる中盤も素晴らしいが、ラスト10分位のテンションが落ちてきてビートが変容しつつズブズブと深みにはまり、暗闇の中からメランコリーな情緒も現れてくる流れは、暗さの中にもドラマティックな盛り上がりを感じる事だろう。予想を良い意味で裏切る妙技が炸裂したミックス、Scubaの深化がここに表現されている。



Check "Scuba"

Tracklistは続きで。
01.1 Digitaline - Astronauten
01.2 Patrick Cowley - Uhura
02.1 Dense & Pika - Crackling
02.2 DXC - Qua Dem
02.3 Justin Cudmore - Crystal (Mike Servito's 730 Reshape)
03.1 Nathan Melja - Make Rekkurds
03.2 G-Man - Fuchsia
03.3 Exercise One & Donato Dozzy - People Of Paprika
03.4 Dense & Pika - Mooger Fooger
04.1 Regis & Antonym - Simple Radical Practice
04.2 Blursome - Night
05.1 Ben Klock - Point Blank
05.2 Carl Craig - Demented Drums
06.1 Miss Fitz - Menternal (Villalobos In the Pipe Mix)
06.2 Alleged Witches - One Skilled In The Black Arts
07.0 Isaac Reuben - sas1711
08.1 Eric Cloutier - Palimpsest
08.2 DXC - Sau sac
09.1 Kamera - Consignia (Truncate Remix)
09.2 Pearson Sound - XLB
10.1 Donato Dozzy - Quadra Sette
10.2 Glaskin - Ultra Deep Field
11.1 Taylor Deupree - Untitled (Marco Shuttle Remix)
11.2 Surgeon & James Ruskin - Sound Pressure Part 3
12.0 Isaac Reuben - Echo Pulse
13.1 Literon - Freak Frequency
13.2 Markus Suckut - Symbiosis
14.0 Tallmen 785 - Gear Shift
15.1 Sciahri - Ambiguity
15.2 DXC - Rang Dong
16.1 Tessela - With Patsy
16.2 Wrecking Project - S-SONICS
16.3 Gunnar Haslam - Overcomplete
17.1 Scuba - Protean
17.2 Stenny - Consumer's Tool
18.1 Jonas Friedlich - Praise Your Name
18.2 Kloves - Eksibit
19.1 kuf - Konflikt
19.2 Les Gammas - Guauanco (Cinematic Orchestra Remix)
19.3 Midland - Decompression Suite
19.4 Patrick Cowley - Uhura
| TECHNO12 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4047
トラックバック