CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2017/3/3 GONG @ Unit | main | Hiroshi Watanabe - Contact To The Spirits 3 (OCTAVE-LAB:OTLCD-2270) >>
Trinidadian Deep - Native EP "V" (Neroli:NERO 034)
Trinidadian Deep - Native EP V

Volcovが主宰するイタリアのNeroliはブロークン・ビーツにしろハウスにしろ、しなやかなリズムと優美な響きを持って聴く者を魅了する実に洗練されたレーベルだ。特にここ2〜3年の間にリリースされた作品は外れがなく、レーベル買い出来る程に信頼に足る存在にまで成長している。そんなレーベルに於いて特に活発な活動を見せるのがUSのTrinidadian Deep、そうRon Trent直系と言うか愛弟子として育ったその人であり、タイトルが示す通りにNeroliから毎年リリースする作品は本作にて通算5枚目となる。オーガニックで爽やかなパーカッション使いや清らかで耽美な音色を武器に、自身の作風を貫くその連作は確かに似通ったものではあるが、だからこそリスナーの期待を裏切る事はない。本作でもやはり弾けて飛翔するようなグルーヴを生むパーカッション使いが目立ち、"Native Rebel"ではそのグルーヴに合わせて光沢のあるエレクトロニックなシンセのレイヤーに麗しいオルガン・ソロが力強くメロディーを描きながら、しなやかな躍動感と優美なエモーションが爆発するディープ・ハウスを展開する。B面の"Native Bruk"でも輝きのあるシンセのコードやライブ感のあるキーボードのプレイが色鮮やかに彩り、連打するような勢いのあるパーカッションやキックが走る事で疾走感と大らかな開放感を生み出し、青い大空の中へと飛び込んでいくようだ。"Native Uprising"は特に派手な音色が用いられており、ゴージャスなシンセやパッドがすっと伸びながら綺麗なフルートや耽美なピアノが絡んでいくこの上ない優美な構成で、本EPの中でも特段に輝かしくエモーショナルな装飾が施されたフュージョン風なディープ・ハウスだ。どれもこれも作風にぶれはなくここまでの統一感は逆に一本調子にも思わずにはいられないが、これこそTrinidadian Deepの個性であるという主張があり、アーティストとしての見据える先は定まっている。



Check "Trinidadian Deep"
| HOUSE12 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4081
トラックバック