CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Niko Marks - Day Of Knowing (Planet E:PLE 653781-2) | main | Various - Best Of DKMNTL X Patta (Dekmantel:DKMNTL044) >>
Welcome To Paradise (Italian Dream House 89-93) (Safe Trip:ST 003)
Welcome To Paradise (Italian Dream House 89-93)
Amazonで詳しく見る(MP3)

バレアリックからイタロ・ハウスまで感情的なシンセを用いて多幸感に満たす音楽を制作するYoung Marco、2015年には自身のレーベルであるSafe Tripを立ち上げて自身の音楽性を反映させた音楽を送り出している。そしてそのルーツを掘り起こすようにリリースされたのが本作、日本語に訳すと「ようこそ楽園へ」と音楽性をそのまま端的に表したタイトルである。サブタイトルは「89〜93年のイタリアのドリーム・ハウス」、つまりはイタロ・ハウス/ディスコである事は間違いなく、そこに示された期間にリリースされたほぼクラシックと呼ばれるに近いイタロ・ハウスの名作をMarcoが自信を持って掻き集めた編集版だ。ではイタロ・ハウスとは一体何なのか、勿論その名の通りイタリアから生まれたハウス・ミュージックではあるのだが、やはりその特徴はピアノやシンセのハッピーなり多幸感なりが強いコード感を打ち出しつつ、他の作品から大胆にネタを(サンプリングする)パクる点だろうか。例えばNYの熱狂的なソウルフル・ハウスとも、または厳つく荒々しいファンキーなシカゴ・ハウスとも異なり、底抜けに明るく煌めく響きは燦々と陽が降り注ぐ空の下にいるような錯覚さえ体感させる。それを端的に表現しているのが始まりに用意されたKey Tronics Ensembleによる名作"Calypso Of House (Paradise Version)"で、綺麗で透明感のあるピアノと爽やかに伸びるストリングスを配し、地中海のバケーションにぴったりなバレアリック感に満ちた楽園的な世界を広げるこれぞイタロ・ハウスだ。伝説的なクラブであるハシエンダの定番でもある"Last Rhythm (Ambient Mix)"、耳に馴染みのある曲だろうが、ビートレスで引っ張っていくセンチメンタルなアンビエントミックスが収録されており、哀しげなシンセの旋律や泣きの笛の音色が胸を締め付ける程の郷愁を帯びている。意外なところではプログレッシヴ・ハウスで名を馳せるSashaの"A Key To Heaven For A Heavenly Trance"も収録されているが、確かに普段のプログレではなくもう少々穏やかながらものびのびとしたグルーヴ感があり、セクシーな女性の吐息も用いた官能的な雰囲気がイタロに適合している。こちらは生粋のイタロ・プロジェクトであるDon Pablo's Animalsによる"Paranoia"は、やや黎明期のメロウで素朴なシカゴ・ハウスを思わせる歌モノであるが、やはりトリッピーではありながらも爽快感や開放感を含む晴々しい世界観がイタロ的な所以だろう。Now Now Nowは初めて耳にするアーティストだが、こちらもイタリアのユニットだそうで、天上で聞けるだろう神々しい歌声を用いたドリーミーな"Problem (Abyss Version)"はもはやバレアリック・ハウスと呼んでもよい位に楽園的で、イタリアン・ドリームを体現する曲だと思う。この編集版に収録されたどの曲も基本的には闇よりも光、屋内よりも屋外、閉鎖的より開放的といった印象を持ち、激しく打ち付けるビートではなく快楽的なフレーズで多幸感に満たす前提があり、それが正に白昼夢に溺れる感覚に繋がっているのだろい。楽園へようこそ…というタイトルに嘘偽りはない。





Tracklistは続きで。
Welcome To Paradise: Italian Dream House 1989-93 Vol 1:
01. Key Tronics Ensemble - Calypso of House (Paradise Mix)
02. Dreamatic - Audio Trip
03. Night Communication - Nocturne Seduction
04. Aqua Re - Holy Dance (Large Sound Mix)
05. Deep Choice - Fix Of 4:38 PM
06. High Tide - Time Unlimited
07. Don Pablo's Animals - Paranoia
08. Open Spaces - Sunrise Paradise Garage
09. Jacy - Trax
10. K2 - In My Garden
11. Last Rhythm - Last Rhythm (Ambient Mix)

Welcome To Paradise: Italian Dream House 1989-93 Vol 2:
01. Z 99 - Welcome To Paradise (Nightfly Version)
02. Extreme - Trasparenza
03. Transitive Elements - Octivation
04. 707 Boyz - Emotions
05. Morenas - Somnambulism
06. Now Now Now - Problem (Abyss Version)
07. Q-Base - Il Sole (The Sun) (Deep Mix)
08. Sasha - A Key To Heaven For A Heavenly Trance
09. The Sky - Dreams (Club Version)
10. Leo Anibaldi - Elements
11. Jacy - Dance To The House
| HOUSE12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4101
トラックバック