CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
NEWWAVE PROJECT (日本先行発売)
NEWWAVE PROJECT (日本先行発売) (JUGEMレビュー »)
KUNIYUKI TAKAHASHI
タカハシクニユキによるニュープロジェクト、その名もニューウェーブをコンセプトにしたアルバム。6/14リリース!
RECOMMEND
COSMIC SOUL ORIGINAL SOUNDTRACK
COSMIC SOUL ORIGINAL SOUNDTRACK (JUGEMレビュー »)
KAITO A.K.A. HIROSHI WATANABE
アート・コラボDVD「COSMIC SOUL」からワタナベヒロシによる音源のみがCD化。ボーナストラックも追加。6/14リリース!
RECOMMEND
3 [12 inch Analog]
3 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Kraftwerk
クラフトワークの3-Dライブの8タイトルがアナログ化で8枚組。全てダウンロードコード付き。6/9リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Singles [帯解説・歌詞対訳 / HQCD(高音質CD)仕様 / 国内盤] (TRCP214)
The Singles [帯解説・歌詞対訳 / HQCD(高音質CD)仕様 / 国内盤] (TRCP214) (JUGEMレビュー »)
CAN,カン
クラウト・ロックのCanによるシングルズコレクションが完成。Can未体験の人にはうってつけ。テクノ好きにも?6/16リリース!
RECOMMEND
20 Years Citrus Mellowdies(初回限定盤3CD BOX)
20 Years Citrus Mellowdies(初回限定盤3CD BOX) (JUGEMレビュー »)
farr
ジャジー、アンビエント、バレアリック、揺蕩うような儚い音楽を紡いできたCalmによる集大成的ベスト盤が3枚組で登場。3枚目はMIXCD仕様。5/24リリース!
RECOMMEND
Michael Mayer DJ
Michael Mayer DJ (JUGEMレビュー »)
Michael Mayer
DJ KicksシリーズにMichael Mayerが登場。5/19リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
NARKOPOP
NARKOPOP (JUGEMレビュー »)
GAS,Wolfgang Voigt
Mike InkことWolfgang VoigtことGasによる久しぶりのアルバムが登場。霧靄に包まれた音響アンビエントは変わらず。4/21リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Esteban Adame - Descendants EP ( Epm Music:EPM15V) | main | 2017/5/20 Millennium People presents Kassem Mosse @ Unit >>
Miruga - Atmospheric EP (Foureal Records:FOR001)
Miruga - Atmospheric EP.

デジタルのみで、そしてベテランから新鋭まで日本人のみに焦点を当ててリリースを行ってきたShinya Okamoto主宰によるFoureal Recordsが、遂にヴァイナルでの制作を始動させた。デジタル配信が拡大する時代の中で、一部のレーベルは逆にヴァイナルのみのリリースに拘るなどこれは制作側にとってはある種の憧れにも近いのだろうが、当然リスナーにとってもヴァイナルで出す事の意味はそれなりの期待や品質の保証と捉えており、Foureal Recordsにとってはここからが新たなるステージの始まりを示唆しているようだ。ヴァイナルの第一弾には過去に同レーベルからもリリース歴のあるMiguraが抜擢されており、Ethereal SoundやBalance MusicにRough House Rosie等著名なレーベルにも作品を提供した経歴がある実力者である。ややエレクトロニックでハード目のテクノから情緒的なディープ・ハウスにジャジーなグルーヴまで作品毎にややスタイルを変えるが、基本的にはどの曲にもエモーショナルな響きを込められている。本作はややテクノ寄りな質が強いだろうか、"Predic"は硬めでダビーなパーカッションが空間を切り裂くような刺激があり変則的なビートで揺れる曲だが、浮遊感を伴い薄く伸びるようなパッドや美しいシンセのサウンドはひんやりとしながらも情緒的で、胸の内にソウルを秘めたように慎ましくもある。"Nature Drop"もダビーなパーカッションが奥深い空間の広がりとハードな響きを感じさせるが、キックはどっしりと地面に食い込むような安定の4つ打ちを刻んでおり、音響系のダブ・テクノと叙情性のディープ・ハウスが混ざりあったような爽快な曲だ。膨らみのあるキックと激しく打ち鳴らされるパーカッションによって疾走感を得る"Circle"、これももやもやとした幻想的なパッドが淡い情感を感じさせ、激しさの中にもMirugaらしいエモーショナル性が込められたテクノだ。レーベルの紹介ではオープンエアの朝方からクラブパーティーの早い時間帯向けとなっているが、確かにピークタイムの狂騒の中でと言うよりは成る程じっくりと耳を傾けて聞いて欲しい音楽性がある。



Check "Miruga"
| TECHNO13 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 19:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4127
トラックバック