<< Welcome To Paradise (Italian Dream House 89-93) (Safe Trip:ST 003) | main | 2017/5/27 Point G @ Vent >>
Various - Best Of DKMNTL X Patta (Dekmantel:DKMNTL044)
Various - Best Of DKMNTL X Patta
Amazonで詳しく見る(MP3)

今やダンス・ミュージックのフェスティバルとして世界に名を馳せるアムステルダムのDekmantelだが、同時にレーベルとしても癖があり個性的なテクノやハウスのアーティストの作品をリリースしており、名実共にオランダのダンス・ミュージックの人気の高さを象徴する存在だ。2015年にはそのレーベルとファッション・ブランドであるPattaがコラボし、フェスティバル等で6枚のアナログを限定販売していたそうで、その中から3曲をベストとして抽出して一般リリースに至ったのが本作だ。現代バレアリックやイタロ・ディスコに造詣の深いYoung Marco、アムステルダムのアーティストであるTom Trago、近年途端に注目度が高まっているFatima Yamahaが選ばれており、流石に複数の曲の中から厳選された3曲だけにどれもアーティストの個性があり嘘偽りなく素晴らしい。何と言ってもYoung Marcoによる"The Best I Could Do (With What I Had)"の底抜けな多幸感、青々しい空が広がるような開放感に満ちたバレアリック・ハウスが一押しだ。疾走するグルーヴを生むキックやハイハット、そこに飛翔するように伸びていくシンセのコードが乗り、パーカッシヴな木琴系の音やメロディアスなシンセが彩っていく実に豊かな色彩感覚を持った曲であり、これは太陽光が降り注ぐ野外にぴったりな作風だ。対してTom Tragoによる"Brutal Romance"は真夜中の雰囲気が強く、ブリブリとしたベースラインが前面に出ながらドラッギーなシンセが妖艶なムードを発するエレクトロニックなハウスで、夜の熱狂的なダンスフロアさえも想起させる。そして最後はFatima Yamahaが彼らしいポップな電子音を用いて、メロウでスロウな哀愁の"The Creature From Culture Creation"を披露。どれも各アーティストの従来の音楽性が発揮されており、このシリーズのベストと銘打って纏められただけあり質も高く、パーティーの各時間帯で使えるようなお得な一枚だろう。

| HOUSE12 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 10:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4131
トラックバック