CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Various - Dreamy Harbor (Tresor Records:Tresor.291CD) | main | Shed - The Final Experiment (Monkeytown Records:MTR069CD) >>
Powder - H (CockTail d'Amore Music:CDA017)
Powder - H

日本から世界へ飛び立った若かりし、そして女性である事以外には詳細もあまり伝わってこないミステリアスな存在であるPowderは、日本に於ける次世代の期待の星だ。2015年にESP Instituteからデビューし、そこからBorn Free Recordsから2枚のEPもリリースして既に海外で高い評価を獲得しているが、テクノでもありハウスでもありポップかつ奇妙な雰囲気や豊かなメロディー感を持った多様性が彼女の武器だろう。勿論そんな風変わりな曲ではあっても、根底にはフロアに根ざした機能性を含んだダンス・ミュージックである事があり、単に奇抜なだけで評価をされているわけではない。さて、新作は何とも可愛らしくユーモア溢れたハート型お尻のジャケットが目を引くが、曲名も全て「H」で始まるなどややコンセプチュアルなように見受けられる。曲自体のユーモアと言うか奇天烈な印象もいつも通りで、乾いて無機質なパーカッションの連打やアシッド風なサウンドを中心に空虚ささえも漂うマシングルーヴを刻む"Hip"、何だか初期シカゴ・ハウスの安っぽくラフな感がありながらもトリッピーな鳴りをしている。逆に"Heart"はディスコ・テイスト溢れる豊かさがあり、印象的に耳を引き付けるベースラインが走りコズミックなSEや過剰なシンセも用いて、イタロ・ディスコ的なギラツキ感溢れるダンス・トラックがハイエナジーで快楽的である。B面は特に強烈なトラックが収録されており、インダストリアルな雰囲気を持つ"Hole"はドロドロしたベースラインと破壊的なリズムが硬質に響き、大きな変化を見せる事なく音の抜き差しでじわじわとハメていく不気味な曲だ。最後には変則的なリズムと膨れ上がったベースが押し寄せるようなハイエナジーなディスコ・ハウスらしき"Hair"が、しかしこれは非常にサイケデリックで意識をくらくら惑わせる。どれも異なるタイプの曲はPowderの多様性を示しているが、その上でどれもフロアで間違いなく受けるであろうダンス・ミュージックとして一貫し、本作によってPowderのトラックメーカーとしての実力が最早疑いようのないものである事を確信した。



Check "Powder"
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4140
トラックバック