CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Akis - Space, Time and Beyond (Selected Works 1986-2016) (Into The Light Records:ITL005) | main | Anomaly - Galaxy (Soul People Music:SPM024) >>
Carmen Villain - Planetarium (Smalltown Supersound:STS31612)
Carmen Villain - Planetarium
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

多くの人気アーティストも作品を提供しているノルウェーはオスロのSmalltown Supersound新作は、Carmen Villainなる女性アーティストによるもの。耳にした事のないアーティストだったので調べてみると、元スーパーモデルであり音楽にはまって現在はシンガー・ソングライターとして活動しているそうで、2013年頃からSmalltown Supersoundを拠点にリリースを始めている。音楽性はロックからフォークにエレクトロニカまで及んでいるようだが、EPではBjorn TorskeやPrins Thomasらもリミックスを提供しており、ニューディスコ系のダンス・ミュージックにも興味があるのだろう。新作で注目すべきは近年再評価著しい電子音楽作家のGigi Masinが2曲もリミックスを提供している事で、Masinのファンであれば見逃しは厳禁だ。"Planetarium"は音数の少ない静けさを強調するピアノや電子音を軸に、ウイスパーボイス風な歌も用いて静謐な佇まい際立たせるアンビエント/エレクトロニカ色の強い曲で、闇夜に瞬く星のような静まり返った美しさを持っている。このオリジナルからしてMasinの音楽性との親和性は十分にあるのだが、やはりと言うかMasinのリミックスはそれがMasinの曲にさえ感じられるに新たに装飾されている。ピアノはそのまま用いつつ朧気で儚い電子音も加えた事で何処か冷えた世界観の中にもアンビエントなムードを落とし込んだ"Gigi Masin Remix"、世の中の喧騒から距離を置いた寂静で無垢な曲は侘びしくもある。一方"Gigi Masin Alternate Mix"は彼の電子音響の方面が打ち出ており、ピアノの音色は消え去り繊細な電子音にボーカルが静かに浮かび上がるリミックスは、しかし途中から硬質で締まりのあるハイハットのビートやシンセのシーケンスによって動きを増し、壮大なバレアリック・ミュージックとして生まれ変わっている。今年来日した際にはアコースティック・セットだけではなくテクノ・セットのライブも披露していたが、これは間違いなくその後者に属する曲だ。そして最後にもう1曲、Villain によるインストメンタルの"Safe"も水滴が滴り落ちるようなピアノの旋律と透明感のある電子音が揺らぎ、胸を締め付ける程の感傷を誘うアンビエント風な曲で物悲しい余韻に引きずられる。Villainのオリジナルの楽曲にも魅了されたが、VillainとMasinの音楽的な相性は思いの外良く相乗効果として働いており、リミックスも期待異常の出来だ。



Check "Carmen Villain"
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4188
トラックバック