CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Kite (カイト)
Kite (カイト) (JUGEMレビュー »)
Gigi Masin (ジジ・マシン)
RECOMMEND
NEUE TANZ
NEUE TANZ (JUGEMレビュー »)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Collapse EP[輸入盤CD](WAP423CD)
Collapse EP[輸入盤CD](WAP423CD) (JUGEMレビュー »)
APHEX TWIN,エイフェックス・ツイン
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2017/9/30 Sunset Lounge @ 江ノ島展望台 | main | Lord Of The Isles - Parabolas Of Neon (Firecracker Recordings:FIREC021) >>
Hiroshi Yoshimura - Pier & Loft (17853 Records:RFLP004)
Hiroshi Yoshimura - Pier & Loft
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

Discossessionのメンバーの一人として、そしてOrganic Musicなる特定のジャンルに縛られない音楽のオンライショップの運営者として、そして時代に埋もれてしまった素晴らしき音源を発掘するディガーとして、類まれなる審美眼を持つ日本人ディガーChee Shimizu。過去に彼が編纂した「Obscure Sound」(過去レビュー)は正に世に知られていない、しかしダイヤの原石のような輝きを持つ過去の音楽のレビュー本として面白みと、道標としての役割を担っている。そしてそんな音楽への探求はオンラインショップからレーベルへと派生し、17853 Recordsを立ち上げる事になった。既に複数枚の作品をリリースし、その中にはdip in the poolの甲田益也子のリミックス盤も含まれるなどやはりその音楽センスに注目せずにはいられないが、そのレーベルの新作は吉村弘による1983年作のリイシューだ。吉村はサウンド・デザインやグラフィック・デザインなどを行い、また日本の環境音楽=アンビエント・ミュージックの先駆者の一人でもあるそうで、ならばこそ現在の電子音楽方面から見つめ直してみるのも自然な流れだったのだろう。本作は西武ファッション・エキシビジョンのために制作された音楽だそうで、淀みのないクリアな響きと無駄の無い洗練された音の構築が際立つサウンド・デザインで、今で言うフロア寄りのアンビエントとは異なるのかもしれないが空気に馴染む環境音楽という意味では正にアンビエント的だ。Aサイドは東京湾岸の風景をテーマにしたそうだが、静寂の間にひっそりと浮かび上がる粒子のような音の一つ一つによって更に静寂が強調される"Horizon I've Ever Seen Before"は、その遠くに広がる地平線を臨み佇んでいる静けさなのだろうか。強烈なビートが入っているわけではないがミニマルなピアノの音の継続がフラットなビート感を生む"Signal F"は動きが感じられ、"Tokyo Bay Area"は波が押し寄せるような音の響きが湾岸からの海の風景を浮かび上がらせる。B面はリズミックな波に着想したらしく、海を連想させるタイトルが並んでいる。エッジの効いた電子音が切り込んでくる間に点描らしく音が配置された幾何学的な"Wavy-Patterned Ice Cream"、音と音の隙間と青々しさが広大な青空の広がりを喚起させる"Kamome Dayori"、動きが収まり静けさの中に微睡んでいく"In The Sea Breeze"、どれもこれも限りなくピュアに精錬され無駄な装飾がなく音の一つ一つに意味を持たせたような構成だ。感情に響くと言うよりは非常にフラットでそこに元からあったような、空間の一部として存在している環境音楽で、これは部屋のBGMとして最適以外の何物でもない。古臭さは全く無い、時代を超えてこの音はあり続ける。



Check "Hiroshi Yoshimura"
| TECHNO13 | 12:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/04/18 2:50 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4193
トラックバック