<< Lars Bartkuhn - Massai (Utopia Records:UTA005) | main | 2017/11/2 Grassroots 20th Anniversary Party !!! - DAY - @ Grassroots >>
Newworldaquarium - Chubby Knuckles EP (NWAQ:ape 05)
Newworldaquarium - Chubby Knuckles EP

コンピレーション等への提供を除けば自身の新作としては実に8年ぶりとなるEPをリリースしたのはオランダのNewworldaquarium。Ross 154としても活動するJochem Peteriによるこのプロジェクトは、大胆にビートを落としてアンビエント性もあるスモーキーな音像で包み込む迷宮的ディープ・ハウスが特徴で、ヨーロッパからデトロイトのビートダウン・ハウスに対する回答の一つとも思っている。実際にPlanet-Eに作品がライセンスされリリースされそうになったり(結果的にはプロモのみ出回った)もするなど、鈍く黒光りするようなデトロイトらしさもあり、最近は活動していなかったせいで忘れ去られていた感もあるが実力に関しては嘘偽り無しの存在だ。本作は新作とは言いながらもどうやら過去に制作された未発表曲のお蔵出しのようだが、そのせいもあってか00年代のNewworldaquariumらしさが発揮されている。"Chubby Knuckles"は彼にしては比較的アッパーなハウスではあるが、湿り気を帯びたキックによるタイトな4つ打ちビートの上にお得意のサンプリング・ループを執拗に用い、軽やかなパーカッションやトリッキーな効果音を織り交ぜながら、土着的かつダーティーでファンキーな黒さのあるディープ・ハウスを展開している。がしかし、やはりNewworldaquariumらしい作品と断言出来るのは"42"の方で、感情が失われた如く機械的に錆び付いたキックを延々と刻、むスローなビート、そこに微妙に揺らめきながら幻惑させるアブストラクトなシンセが浮遊し続けるサイケデリックで抽象的なディープ・ハウスは、10分以上に渡って出口の無いラビリンスの中を彷徨わせる。殆ど抑揚の無い展開にもかかわらず、徐々に現実の時間軸から遅れを感じる遅効性の麻酔が効いたかのようなドープでトリッピーな音像が、長い展開だからこそじんわりと効いてくるのだ。久しぶりの新作は期待を裏切らないNewworldaquariumの個性が輝いており、この流れで新作も期待したいものだ。



Check "Newworldaquarium"
| HOUSE12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4206
トラックバック