<< Enitokwa - o.n.s.a. (non-entertainment-research:nercd003) | main | 246 aka Susumu Yokota - Classic and Unreleased Works 1995 (Music Mine:MMCD-20021) >>
Hardfloor - The Business Of Basslines (Hardfloor:HFCD 05)
Hardfloor - The Business Of Basslines
Amazonで詳しく見る(日本盤)

アシッド大将軍、アシッド・ハウスの伝統工芸士、アシッド・ハウスの金太郎飴、彼等を表現するのであればそんな言葉が相応しい。それが25年にも渡り我が道を行くを体現するOliver BondzioとRamon Zenkerによるジャーマン・テクノのユニットであるHardfloorであり、シカゴから生まれたアシッド・ハウスの再評価に貢献した重要な存在だ。時代に左右される事なくTB-303の魅力に取り憑かれた彼等はその名機と心中する事を選んだ結果、それが彼等のオリジナル・サウンドとして確立され、この音楽の第一人者として今も尚君臨する。本作は本来2016年に25周年記念盤としてリリースされる予定が延期となり2017年の今ようやく世に放たれたのだが、彼等にとって当たり前と言えば当たり前なのだが本作も全編TB-303を駆使したアシッド・サウンドが貫きつつ、しかしそれだけではない円熟味を発揮したバラエティーに富んだ音楽構成は予想以上に素晴らしくある。初っ端の25周年アシッド記念をもじった"25th Acidversary"、ここからしてシャッフルするファンキーなリズムと膨らみのあるアシッドのベースラインがうねり、そこにトランシーな上モノが快楽的に延びていくのは、オリジナルのシカゴ・ハウスとベルリンのジャーマン・トランスの融合と呼べるだろう。勿論そんな直球な曲だけではなく、タイトル曲の"The Business Of Basslines"では詰まったようなエレクトロ・ビートでは渋みも感じさせ、かつてのヒップ・ホップへ傾倒したDa Damn Phreak Noize Phunk名義の系譜に連なる官能的で色っぽくもあるブレイク・ビーツを刻む"Gypsi Rose"など、アシッド・ハウスを変わらぬ武器としながらもそこからの拡張性には目を見張るものがある。"Computer Controlled Soul"や"Neurobot Tango"に至ってはKraftwerkや、それどころかデトロイトのダーク・エレクトロの真髄であるDrexciyaの鋭利なリズムを思い起こさせ、アシッドの不気味なトランス感との相乗効果は覿面だ。そして日本盤のみのボーナストラックは『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の為にとHardfloorが新たなアレンジを施した"Acperience 7"、彼等の活動を代表するあの大名曲がバージョン5を飛び越し7として生まれ変わっており、当然の如く攻撃性の高くエグいアシッド・ベースが脈打つファンキーかつトランシーなアシッド・ハウスは完全に彼等の音だ。ユニットが25年も活動していればパワーが落ちるのも珍しくはないが、それどころかハイエナジーで更に表現力に磨きをかけた彼等の前に太刀打ち出来る存在はいない。Hardfloorを越えていくのはHardfloorのみ、アシッド・ハウスの金太郎飴もここまで徹底すればそれは代用のきかない魅力となるのだ。



Check "Hardfloor"
| HOUSE12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック