<< The Irresistible Force - Kira Kira (Liquid Sound Design:LSD 103) | main | Talamanca System - Talamanca System (International Feel Recordings:IFEEL063CD) >>
DJ Stingray - Kern Vol. 4 (Tresor Reocrds:KERN004CD)
DJ Stingray - Kern Vol. 4
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
バラクラバを被った印象的な顔写真がジャケットに起用された本作を見ると、例えば匿名性の高いアンダーグラウンドな活動を行っていたUnderground Resistanceを思い起こすのもおかしくはない。そのアーティストは、アーティスト名とバラクラバはデトロイト・エレクトロの最深部でありURの一員でもあったDrexciyaの故メンバーから貰ったのだと言う事からも分かるであろうが、つまりはオリジナルのデトロイト・エレクトロを今に継承する人なのだ。その人こそUrban TribeとしてPlanet-EやMo Waxでの活動で注目を集め、その後はRephlexやMahogani MusicからDrexciyaの魂を受け継ぎデトロイト・エレクトロを開拓してきたSherard Ingramである。今、彼の音楽は面白い事にヨーロッパで求められており例えばBerghainでもプレイをしたり、または2017年のTresorでの年越しパーティーにもブッキングされるなど、水面下に沈んでいた本場エレクトロがアンダーグラウンドと言う世界から浮上し大衆から渇望されているように思われる。しかしアーティストとしての活動は多くの人はご存知だろうが、そもそもDJとしての活動(日本への来日も数える程だ)は決して注目を集めていたわけでもないだろうし、一体どんなDJをするのか?と気にはなっていたが、本作で蓋を開けてみればエレクトロ節全開でオールド・スクールから現在形のそれまで懐古的になる事なく未来の視線を向いた内容になっていた。先ずはDrexciya繋がりのDopplereffektで始動を告げるように8ビット風のピコピコな電子音で幕を開け、隙間だらけのカクカクしたエレクトロビートが鞭打つように入ってくれば、もう勢いは早くも増していく。続いて連打するような忙しないビートの"We Run Your Life"でスピード感を得て、"Mind At Sea"や"Dissociation"辺りは電子音震えるモダンなテクノで、直線的なビートの勢いに飲み込まれていく。そして評価すべきはSherardが時代の止まったエレクトロ盲信者ではなく、近年のクールでデトロイト・ソウルを継承したエレクトロを積極的にプレイし、過去と現在がしっかりと線になり繋がっている事だ。勿論最も古いものでは1989年産の暗くもヒップ・ホップかつストリート系の"Professor X"もプレイしたり、そして中盤ではDrexciyaの爆発的なエネルギーを持ちながらもメランコリーも含んだ"Lost Vessel"でピークを作ったりと、元祖への愛情と言うか敬愛も含まれている。Drexciyaの曲が多いのはご愛嬌といったところだが、しかし1時間に27曲を繋ぎ合わせるミックスによって矢継ぎ早な展開がギクシャクしたリズムと直球4つ打ちのリズムを掻き混ぜるように緩急自在に躍動し、肉体が震える程の刺激を生み出している。エレクトロを軸にテクノな音も同居し刺々しい攻撃性の中にもダークなメランコリーもあり、確かにこれはDrexciyaを継ぐ者である。予想以上に骨太なプレイに踊らずにはいられない。



Check "DJ Stingray"

Tracklistは続きで。
01. Dopplereffekt - Scientist
02. Alex Cortex - We Run Your Life
03. Kris Wadsworth - Infiltrator
04. Christopher Joseph - Mind At Sea
05. Silent Servant - Dissociation
06. Adam Jay - Lexic
07. Herva - Slam The Laptop
08. Gesloten Cirkel - Submit X
09. Professor X - Professor X (Saga)
10. NRSB-11 - Nationalised
11. Luke Eargoggle - I Belong To The Past
12. Drexciya - Lost Vessel
13. Dynarec - Moving Corridors
14. Syncom Data - Musik Politik
15. Creepy Autograph - Night Stalker
16. Drexciya - Aquabahn
17. Faceless Mind - Ocean Movers (Vcs2600 Science Remix)
18. 065 DJ Dijital - Bang
19. Drexciya - Running Out Of Space
20. Illektrolab - Overdrive
21. Anna Meredith - VapourIsED (LoneLady Remix)
22. Drexciya - Dr. Blowfins' Black Storm Stabilizing Spheres
23. DJ Di'jital - Mind Of The Master
24. Morphology - Vector Plant
25. Luke Eargoggle & Kan3da - Night Smoker
26. AFX - Serge Fenix Rendered 2
27. Drexciya - Cascading Celestial Giants
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4227
トラックバック