CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Junyamabe - Serenade EP (Junyamabe:jnymb-2) | main | 夢を語れ 白山店 >>
Dego & Kaidi - A So We Gwarn (Sound Signature:SSCD12)
Dego & Kaidi - A So We Gwarn
Amazonで詳しく見る(日本盤)

決して定形にはまったハウス・ミュージックを送り出すわけではないSound Signatureとは言えども、まさかDego & Kaidi Tathamによるアルバムがリリースされると予想出来た者は一人としていないだろう。ドラムン・ベースや西ロンドン系ブロークン・ビーツで台頭した4 Heroの一人であるDego、Agent Kとしてのソロ名義やBugz In The Atticのメンバーとしてキーボード奏者の力量を発揮してきたKaidi、2000年頃に盛り上がったウェスト・ロンドン・シーンの立役者でもある彼等は元々当時から共同での制作を行う事はあったが、ここ数年ではSound SignatureだけでなくEglo Recordsからも新作をリリースするなど再び盛んな活動を見せていた。そんな彼等が変異体的な個性はありながらも軸はハウス・ミュージックであるレーベルからアルバムを出すには、彼等の音楽性はフュージョンやジャズにファンクと言った音楽に対しての素養が強すぎるのではと思う所もある。確かに本作を聞けば何か目新しさを感じる点は殆ど無いだろうし、Sound Signatureらしい強烈で奇怪な主張は少ないだろうが、鮮やかな蛍光色を発するようなフューチャー・ジャズと呼ぶべき音楽には燦々と光り輝く響きと揺るぎない自信が感じられる。特に本作ではギターやバイオリン、サクソやトランペットの奏者の協力を得る事で音色の豊かさの拡張や生き生きとしたライブ感にも繋がっており、彼等の元からある音楽性からぶれずに実直にそれを推し進めいる。始まりの"See & Blind, Hear & Deaf"は優美なエレピの演奏な軽やかなパーカッションが弾けるしなやかなブロークン・ビーツで、ブラック・ミュージックのルーツを尊重しながらもモダンな雰囲気を纏っている。変拍子が小気味良い引っ掛かりを生む"Treasure Beach"では管楽器がゴージャスな響きを含み、ジャズやファンクにブギーといった要素が渾然一体となってしなやかなグルーヴを刻む。かと思えば"Too Much Ginger"では複雑なビートを刻みつつ、コズミックなシンセの効果音がフュージョン的でそこに気品あるヴァイオリンも舞い踊り、広がりのある展開によって鮮やかに彩っていく。逆に"Sista's Love"のようにヒップ・ホップやR&Bからの影響が見え隠れする曲もあり、ビートだけに頼るのではなくどっしりしたベースやマナーに沿ったコード展開があるからリスニングに耐えうる楽曲性が映えるのだろう。またアルバムの終盤にやってくるボーカル・トラックの"It's All For Us"は、ギターやベースにホーンやストリングスを総動員したライブ感溢れるジャズ色が強く、熱く豪華さのある歌も相まって特に拳を振り上げて盛り上がれるような熱狂的でドラマティックな曲の一つだろう。00年代の頃から変わったでもなく音楽的な目新しさを伝えるような作品ではない、しかし彼等が影響を受けたであろう黒人音楽としてのルーツからの影響を率直に晒しながら、UK BLACKとして解釈したモダン・フュージョンな音楽はタイムレスと呼んでも差し支えないだろう。Dego & Kaidiのアーティストとしての才能が素直に反映され、クロスオーヴァーを体現するアルバムだ。



Check "Dego" "Kaidi Tatham"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック