CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< BEST OF 2017 | main | Jonny Nash & Suzanne Kraft - Passive Aggressive (Melody As Truth:MAT8) >>
埜庵 kohori-noan 25回目
埜庵1

ここ数年はかき氷のシーズンの最中は整理券制となり、またデパートに出展しても大行列となり、なかなか以前程には気軽に訪れる事が出来なくなっている鵠沼海岸の埜庵。しかしやはりどうしてもあの場所で店長と談笑しながら美味しいかき氷を食べたい!ならば客足の遠退く冬に行くのがBESTと言う事で、年末の旅行に合わせて鵠沼海岸へと寄ってきた。現地へと着くとこの寒い年末にもかかわらず多少の待ちが出来ており、やはり冬でも熱心なファンがいる事は流石かき氷専門店の先駆者としての実力だ。さて、冬のメニューは何があるかと期待していたところ、ハスカップや苺系も気になったものの「たまごとみるくとばにら いちごラズベリーシロップ添え」(1070円)なる見た事のない物があったのでこちらを注文。
埜庵2

何だか埜庵にしては随分と素朴で懐かしさを感じさせるかき氷だなと思っていたが、目の前にかき氷が運ばれてくると淡い色と仄かな香りで想定通りに優しい素朴さが滲み出ているかき氷だ。早速先ずは元から掛かっているシロップだけで食してみると、ふんわり食感な氷はいつも通りでそこに卵とミルクとバニラが混ざったソースの味はまるでカスタード?お子様もほっとする安心感がありながら、すっと消えていく氷の上品さもありの、相変わらずの筆舌に尽くし難い美味しさは流石埜庵。こうやって季節毎に限定メニューがあるおかげで、寒い冬にもついつい足を運ぶ機会があるものだ。

埜庵3

お次はいちごラズベリーシロップを掛けてみると、見た目も白い雪の中に真紅のシロップが鮮やかに映えるような美しさ。優しい甘さの中にすっきりと立った酸味も混ざり、甘酢っぱくフレッシュな味へと様変わり。元からのソースだけでも十分美味しいが、更にいちごラズベリーによる味の変化で2度楽しめるかき氷、やはり埜庵のかき氷はよく考えられている。埜庵のかき氷によって十分に舌も満足し、一年の締め括りには相応しいグルメを堪能する事が出来た。こうやってオフシーズンにもかき氷の素晴らしさを味わえる、それこそが埜庵が広めようとしたかき氷の道なのだろう。

HP:埜庵
住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-5-11
電話番号:0466-33-2500
営業時間:11:00〜18:00
休業日:HP参照
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4248
トラックバック