CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Dopplereffekt - Cellular Automata (Leisure System:LSR020) | main | 2018/2/9 HANG @ Grassroots >>
Pharaohs - In Oeland (International Feel Recordings:IFEEL067)
Pharaohs - In Oeland
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ここ数年はバレアリック・ミュージックの中心的存在でもあるInternational Feelは、フロアを賑わすダンス・トラックを手掛ける事は当然として、その一方で落ち着きを持ち音楽的な豊かさのあるライブラリーミュージック的なミニ・アルバムのシリーズにも力を入れており、今までにも人気アーティストがシリーズに参加している。その新作はロスアンゼルスのユニットであるPharaohsによるものだが、過去の作品を聞いてみるとアシッドやディスコにエキゾチックやバレアリックなど、焦点を絞らせない多方面な音楽性がユニークだ。元メンバーにはバレアリック方面で注目を集めるSuzanne Kraftが居たものの、現在はDJ/エンジニアのAle Cohen、サーファーのSamuel Cooper、サックス奏者のStellar Rahimの3人のユニットなっており、メンバーの個々の趣向が各曲に反映されているのだろう。本作はサーファー・ジャーナリストが南太平洋を旅行した時の話を記した本にインスパイアを受けて制作されたそうで、その為か随分と陽気でトロピカルな響きが強い。1曲目の"Muddy Middle Of Nowhere"にはキーボードでKraftがゲスト参加しており、ニュー・エイジ風で酔ったようなシンセと郷愁を帯びたサックスが絡み合い、そしてジャングルの中の祭事らしきトライバルなパーカッションが炸裂する秘境のダンス・ミュージックだ。"Oelan Gunda"もやたらと手数が多く忙しないパーカッションが乱れ打ち、マリンバ風の可愛らしいメロディーや戯れるような無邪気な子供の声も聞こえるトロピカル色強い曲で、ここまでは躍動感も溢れている。そして"Invisible Mile"では一転して泣きのギターや淋しげなシンセに黄昏時の海が頭に浮かぶフォーク風味で、しんみりと落ち着いたムードで瞑想的。裏面へと変わると風に乗って大海原を疾走するような爽やかで軽快なバレアリックを演出する"Air Kiribati"、忙しく転がり回る打楽器と耽美なシンセ・リフに体もウキウキと振動するトロピカル・ダンスな"Coral Heads"、そして生っぽいリズムとオーガニックで素朴な上モノによって青々しい新緑が茂るような清々しさが広がる土着ハウスの"Energy"と、表向きは異なるジャンルが入り混じっているもののどれも素朴さと牧歌的な多幸感に満たされている。レーベルの中でも一際特異な音楽性を持ったユニットではあるが、これもInternational Feelが提唱するバレアリックに包括されるのは、それがジャンルではなくスタイルであるからどんな音楽もバレアリックに成りうる可能性があるからだろう。



Check Pharaohs
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4285
トラックバック