CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Aybee & Lars Bartkuhn aka The Astral Walkers - Passage EP (Deepblak:DBR-V031) | main | Sven Weisemann - Bilateral Relations EP (Echocord:echocord 075) >>
STEREOCiTI - Parabolic Motions EP (WAVEGUIDE:WAV.G001)
STEREOCiTI - Parabolic Motions EP

ここ数年、ベルリン随一のディープ・ハウスのレーベルであるMojubaと蜜月の関係を築いていたKen SumitaniことSTEREOCiTI。ベルリンを拠点に活動していた彼は今度はポルトガルに生活の場を移し音楽活動を続けているが、そんな心機一転に合わせて遂に自身のレーベルとなるWAVEGUIDEを立ち上げ、新作をリリースしている。Mojubaというレーベルが美しく深い音響を伴うディープ・ハウス性であったものの、Sumitaniもベルリンに移住後は少しずつ現場からの影響を受けたのかテクノ寄りの音楽性へと移行しつつあった中で、この自身のレーベルでそれはより明確に現れるようになった。安息の日が過ぎる日本でなく、慣れない異国での生活が彼の音楽性を逞しくするように影響したのだろうか、以前と比べると随分と骨太さが見えるようになり機能性を増している。"Motion 1"からして勢いと太さのあるグルーヴが貫いており、ダビーな上モノが空間の広がりを感じさせながらも、基本的にはミニマルな性質のあるダブ・テクノはDJ用途に特化した作風だ。そして"Motion 2"はより深く闇に潜っていくような暗い音響と芯の図太いキックが目立つ4つ打ちのダブ・テクノだが、以前からの美しさが映えるダビーな音響も控えめに効いていて浮遊感が心地良い。もう少々シンセのリフに動きがありトランス的な覚醒感のある"Motion 3"や非常にダブ・テクノらしくありながらデトロイトの叙情性にも寄り添った"Motion 4"等にしても、やはり以前に作風に比べれば随分と逞しく密度の高い筋肉的な硬さがあり、ハードという表現ではないものの方向性はテクノへと進んでいる。海外での活動が自身の音楽性に反映され今も尚深化を続けているSTEREOCiTI、DJとしては当然だがアーティストとしても成熟具合が素晴らしい。



Check STEREOCiTI
| TECHNO13 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4325
トラックバック