CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Fabrice Lig - Purple Raw Vol. 3 (Systematic:SYST0117-6) | main | Theo Parrish - Preacher's Comin (Sound Signature:SS071) >>
Deetron - DJ-Kicks (!K7 Records:K7359CD)
Deetron - DJ-Kicks
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
3台のターンテーブルを駆使してヒップ・ホップ上りのミックステクでハード・テクノなDJをしていたのも今や昔、制作するトラックもいつしかメロウでソウルフルな感情性豊かな作品へと移行し、上手く時代の波に乗って進化を遂げてきたDeetron。マイペースで作品をリリースしアーティストとしての確かな評価を獲得しつつ、『Fuse』や『Balance』に『Fabric』等の名物MIXCDシリーズにも抜擢されてきたDJとしての手腕もあり、かつてのハードテクノ勢の中では面白い変化を見せながら独自の音楽性を確立しているが、遂にこの『DJ-Kicks』にも参戦とはやはり海外での評価は日本よりも確かなようだ。本作でも分かる通りテクノ〜ハウスの境目を融かすように混在させる選曲の審美眼、ダンスとリスニングの親和性、デトロイト・テクノやシカゴ・ハウスのクラシックからモダンな時代の曲までと、どれにも偏らずに一つの流れへと組み込んでいくバランス感は比類なきモノで、80分34曲に渡るシームレスなミックスは優雅でさえある。オープニングからしてCarl Craigのガラス細工のような繊細な美しさを発する"Goodbye World"で始まり滑らかにビート入りの曲がミックスされ、古き時代の変異体ディスコの"School Bell / Treehouse"でアクセントも盛り込みつつ、シカゴ・ハウス名作の"Waterfall (Deetron's DJ-Kicks Version)"で垢抜けないながらも原始的なソウルの感情性を高めていく。そこからもジャズ・ファンク色なBurnt Friedmannからインテリジェンス・テクノな趣きのSpacetime Continuum、変異体テクノのMorgan Geistなどジャンルはばらばらなれどエモーショナルな共通項で雰囲気を作っていく。中盤ではDJ Kozeの甘美なサイケデリアの"Let's Love"からRon Trent & Chez Damierの幻想的でディープな朝方をイメージする"Morning Factory"へと繋がる瞬間が得も言われぬ程に素晴らしく、そこからはややテクノ寄りにグルーヴ強めの流れへと入り、リズムの崩れたダブ・ステップや逆にソウルフルなボーカル曲も用いて後半に向けて盛り上がる。そんな中にも古き良き時代のAIテクノのBlack Dog Productionsによる"Flux"を聞くと懐かしさが込み上げたりもするが、DeetronやDJ Boneによる骨太で激しいテクノもミックスしながら突入するFloorplanからTerraceにDerrick Mayのデトロイト系繋ぎの流れは非常にドラマティックで、非常に押し引きが上手い。そして混沌としたベース・ミュージック風な"Old Fashioned"から一気にテンションが落ちて、レフトフィールドなポップソングの"Strange Emotion"で今までの喧騒から解放される静謐な閉じ方は心残り無く綺麗に音が消えていく。いまいち日本に於いてはその実力に対しての正当な評価を獲得しているようには感じられないが、本作はそんな評価を覆すには最適なMIXCDで、Deetronのエモーショナルな音楽性を十分に堪能出来る事だろう。



Check Deetron

Tracklistは続きで。
01. Carl Craig - Goodbye World / GB - The Dreamer
02. Linkwood - Love Lost
03. Indian Ocean - Schoolbell / Treehouse
04. SBM - Criticize
05. Mr. Fingers feat. Ovasoul 7 - Waterfall (DJ-Kicks Version)
06. Roman Flugel - Song With Blue
07. Burnt Friedmann - Plastikthai / Dresvn - Voyage (DJ Sotofett's Extended Mix)
08. Spacetime Continuum - Swing Fantasy (Strange Attractor Mix)
09. Morgan Geist - Linking Tunnel / Julie Dexter - The Plan
10. Aardvarck - Komt Goed
11. Circulation - Sincerely (Creation Mix)
12. DJ Koze - Let's Love
13. Ron Trent & Chez Damier - Morning Factory / Deetron feat. Steve Spacek - Choose Me
14. Nikola Gala - Only (Ryan Elliott Remix)
15. Keith Worthy - Moon Dance
16. Paul W. Teebrooke - Thing 1
17. Radio Slave - Children Of The E (KiNK SP1200 Remix)
18. Deetron feat. Jamie Lidell - Cry With The Stars (Accapella)
19. A Made Up Sound - Rework
20. HNNY - Hotline Riddim (Jacques Renault Edit)
21. Tony Allen - Kilode (Remix By Carl Craig)
22. Pepe - Benzine Electronics
23. Black Dog Productions - Flux
24. Deetron - Untitled
25. DJ Bone - All My Heart
26. Francis Bebey - Bissau (Pilooski Remix)
27. Floorplan - Let the Church
28. Terrace - Seventh City (Filtered Dub)
29. Derrick May - Kaotic Harmony
30. Equiknoxx - Flagged Up (Mark Ernestus Remix)
31. DJ Bone - Dreamers 6.1
32. Станислав Толкачёв - Оптические Иллюзии
33. K-Lone - Old Fashioned
34. Jessy Lanza - Strange Emotion
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4353
トラックバック