CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Ghost Vision - Shakuhachi (Love On The Rocks:LOTR017) | main | 2018/5/25 THE OATH -feat.Dazzle Drums 10 Hours Logn Set- @ Oath >>
火の豚 人形町駅前店
火の豚 人形町駅前店1

ラーメン界屈指のジャンキーかつボリュームで一大勢力を築き上げたラーメン二郎、そして麻婆豆腐を武器に人気を博す蒙古タンメン中本。ラーメン好きでなくともその名を知るであろう両者がもしもフュージョンしたら…そんな夢を叶えてしまった店が火の豚だ。埼玉に本店があるこのお店が今年になって人形町にも出店した事でちょっとした話題を集めており、二郎の中毒に染まっている身として、そして辛い料理好きとしてこれは行かねばという事で、人形町まで出向いてきた。今回はフュージョン(800円)で、無料トッピングはニンニクヤサイしょうがで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
やる夫2

火の豚 人形町駅前店2

どぉんっっっっっっっ!!!!

やる夫3

おお、煮えたぎるマグマが野菜の山の麓から噴出しているようなそれこそ正に麻婆豆腐。それとは対照的に綺麗な白さが際立つ野菜は殆どがもやしだが、それ程煮てはいないようで新鮮さが感じられる。また刻みニンニクと共にしょうがも並んでいるが、どちらもなかなかの量。そして野菜にひっそりと隠れながら半身を現している豚は、見事な豚バラロールでこちらもその見た目からして美味そうだ。

火の豚 人形町駅前店3

何はともあれ最初はやはり麻婆豆腐を野菜と絡めて頂くと、野菜は歯ごたえが残っておりシャキシャキとした質感が良く、そしてピリッとした麻婆の辛味が強めに効いてきて二郎とはまた異なる刺激。今までの二郎系にはあまり見受けられない辛味要素は新鮮でありつつ、淡白な味の野菜をも食欲をわかせるものへと変えている。それと同時にニンニクの香味や生姜の刺激も加われば、今までにない辛味のハーモニーが生まれるのだ。またスープの方は所謂汁なしにも近くて量は少なめなのだが、その分濃厚な豚骨のコクがありトロッとした作りは麻婆との相性も考えられている。特に二郎系にありがちなしょっぱさや醤油が控えめなのは、麻婆と合わせる事でより一層旨味を増すように思える。豚が一枚だけなのはやや寂しくはあるものの、厚みはしっかりあってトロッとした脂身の部分と柔らかい肉質の部分がバランス良く混ざっており、十分な美味さだ。

火の豚 人形町駅前店4

野菜を減らしたところで、恒例の天地返し。姿を現した麺はややうねった平打ちの麺でこれならしっかりと麻婆やスープが絡んで、存分に味のフュージョンを楽しむ事が出来るだろう。見た目からもコシのありそうな麺ではあるが実際に食べてみるとしっかりと弾力があり、そして小麦感と野性味溢れる豚骨や麻婆の辛味が渾然一体となり口の中で旨味と化す。特に二郎系はデロデロな麺も多い中でここは強靭なコシがあり、好き嫌いは分かれるであろうが顎を十分に使って食べる麺には好印象だ。粘性の高い麻婆やスープだからこそ麺との絡みも良く、二郎インスパイアの進化系として新たなる個性が確立されており、これならばジャンクな二郎系とはまた一線を画す支流とも言えよう。二郎系に苦手意識を持っている人にも勧めたい、そんな新たなる二郎系。

HP:火の豚 人形町駅前店
住所:東京都中央区人形町3-7-14
電話番号:非公開
営業時間:11:30-15:00 17:00-21:300
休業日:日曜日
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 14:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4361
トラックバック