CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Karim Sahraoui - Plenitude EP (R & S Records:RS 1804) | main | Ghost Vision - Shakuhachi (Love On The Rocks:LOTR017) >>
Shawn Rudiman - Timespan (Pittsburgh Tracks:PGHTRX-LP-02)
Shawn Rudiman - Timespan
Amazonで詳しく見る(MP3)

テクノと言う音楽の中でもデトロイト・テクノはここ日本に於いてもある一定の神格化されたような人気はあるものの、それは局所的なアーティストに対してである事も側面も否定出来ず、実力のあるアーティストが必ずしも大きな評価を獲得しているわけでもない。ペンシルベニア出身のShawn Rudimanも当人にとっては失礼な言い方かもしれないが日本での知名度はそう高くないだろうが、デトロイトとの距離の近さもあって00年代からデトロイト・テクノに影響を受けて作曲を行っているアーティストで、例えば7th CityやApplied Rhythmic Technologyからもリリース歴がある事実だけでも音楽性や実力は計り知る事が出来るだろう。本作は随分と久しぶりのアルバムとなるが、本人の説明に拠ればアルバムの為に制作されたのではなく20年に及ぶ活動の中で古いものから最近までの未発表曲を集めたコンピレーションだそうで、確かに作品としては色々な曲調が混在している。出だしの"Electro Days"からして鋭利なビートが切り込んでくるエレクトロ性のあるテクノで、しかし小刻みに動き回るヒプノティックな電子音に合わせて薄っすらと伸びるパッドの叙情性は正しくデトロイトのそれだ。"75 All The Way"もやはり同様にエレクトロ感あるカクカクとしたビート感はしかし躍動感があり、シンセとパッドは豊かな響きをして実に感情性に富んでいて、往年のデトロイト・テクノを思い起こさせる。より前のめりな勢いでパーカッションが弾ける"Ultrafrequey"、鋭いビートが疾走感を生み機能性も高めた"Memory Pool"は、無駄も研磨されて洗練されたエモーショナルなテクノだ。一転して、そこから続く"TimeFrame"シリーズの3曲は派手な鳴りは潜め、しっとりとした感情を内面に秘めたような繊細なダブ・テクノを聞かせる。そしてスローモーでアンビエン性を高めた深い残響のミニマル・ダブな"In Light / In Darkness"、ビートも消失しそうな程に物静かに残響が揺らぐ深遠なダブ・ハウスの"Turn Bad"と、その音響は官能的でさえあるダブトラックによってひっそりとアルバムは溶けながら消えていく。アルバムとしての纏まりに欠ける面は否めないだろうが、どのタイプの曲でも一定の水準は保っており、デトロイト・テクノとのエモーショナルな親和性を持ちながらダンスからリスニングまで網羅する器用さは感じられし、本作でも十分にアーティストの魅力を感じ取れる筈だ。



Check Shawn Rudiman
| TECHNO13 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 15:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4364
トラックバック