CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Severnaya - Polar Skies (Fauxpas Musik:FAUXPAS 024) | main | Afriqua - Vice / Principle EP (R & S Records:RS1808) >>
I:Cube - Double Pack (Versatile Records:VER 120)
I:Cube - Double Pack
Amazonで詳しく見る(MP3)

フレンチ・ハウスの老舗レーベルであるVersatile Recordsは今でこそ多彩なアーティストを擁しているが、そのレーベル発足時から活躍するのがNicolas ChaixことI:Cubeだ。レーベル運営を行うGilb'RとのユニットであるChateau Flightでの活躍も華々しいが、このソロ活動ではフィルター系のまんまフレンチ・ハウスではなくより自由なエレクトロニック・ミュージックがベースにあり、特に作品を重ねる毎にその奇抜で変幻自在な音楽性は拡張を成しており、ベテランだからと言って全く落ち着くどころか尖った個性をより尖らせている。新作はアナログではダブルパックでのリリースでミニアルバム的な扱いだろうか、その分だけ収録曲も多くその多彩性は富んでいる。初っ端はアフロ・トライバルな抜けの良いパーカッションが乱れ打ちつつ、そのタイトル通りにミニマルな旋律のフルートが密林の奥の怪しい祭事かのような雰囲気を醸す"Flutes Souterraines"で、エキゾチックな効果音も入る事でより催眠的な効果を強くしている。"Troglo Dance"もエキゾチックな感覚はあるものの、アタック感の強いドラムと光沢感のあるシンセリフから感じられるのはディスコの系譜で、野暮ったくも簡素な味わいが逆に新鮮に聞こえる。一方で眠気を誘うようなぼんやりとしたシンセがにうっとりさせられ繊細な電子音も組み込まれたディープ・ハウス性の強い"Bifurque"や、アシッドなベース音が膨張しながらも壮大でゴージャスなシンセが感動的に展開する真夜中の雰囲気たっぷりなバレアリック・ハウスの"Ramurc"と、どちらも大らかな作風の中に美しいメロディーを活かした曲だ。そして奇抜性が特に発揮されている"La Nuit Des Rats"、変則的なブレイク・ビーツと民族的なパーカッションが生み出す不気味なグルーヴは黒魔術か何かの儀式か、何かが生まれる胎動らしき原始的なエネルギーがほとばしりトランス感覚を誘うこの曲は、ジャンル分け困難なダンス・トラックだ。ひとえにフレンチ・ハウスと言っても単純なものではなく、流石ベテランらしくその底深さを教示する如く様々な要素を披露しているが、実験的だけでなくどれもにI:Cubeらしいメランコリーがあるのも素晴らしい。



Check I:Cube
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4390
トラックバック