CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Deep'a & Biri - Dominance LP (Black Crow Records:BCLP001) | main | Moomin - Yesterday's Tomorrows (Wolf Music Recordings:WOLFLP004) >>
Lovebirds - Dove Sei (Sirsounds Records:SS007)
Lovebirds - Dove Sei
Amazonで詳しく見る(MP3)

ニューディスコ〜ディープ・ハウス方面で人気を博すドイツのSebastian DoeringことLovebirds、ここ数年は一年に一枚程度とマイペースに新作をリリースしているが、その分だけ毎回のリリースの質は高くその意味では安心して聞けるアーティストではある。本作も実に一年ぶりとなるEPではあるが、彼らしい光沢感溢れるシンセのメロディーが展開されるディスコ/ブギー/イタロな作風で、懐かしい80年代フレーバーと共に現在のシーンに適合したずっしりしたグルーヴ感で正に現在形のニューディスコだ。先ずは自身によるオリジナルの"Dove Sei (Original Deep Mix)"、古典的なアナログシンセの光沢感あるメロディーが芳醇な響きを奏でており、そこにもっさりした生っぽくざらついた4つ打ちに快楽的なシンセベースでズンズンとリズムを刻むミッドテンポなディスコ・スタイルは、その快楽的で多幸感溢れるサウンドからイタロ・ハウスの系列に入っていてもおかしくはないだろう。呟き気味のボーカルが何処か呪術的でもあるが、やはり効果的に入ってくるシンセ・バーカッションやベースの鳴りによって煌めきのある音になっており、ゆっくりとリズムを刻みながらも外交的なエネルギーに溢れている。そしてリミックスは2曲収録されているが、その一つはイタロとデトロイトを結び付けるような音楽性を発揮するRaiders Of The Lost Arpによるもの。"Dove Sei (Raiders Of The Lost Arp Remix)"は原曲よりも隙間を埋めるように細かいパーカッションやギターのリフが加えられ、ディスコの成分を残しつつもよりファンキーな方向を推し進め、更にはコズミックなシンセや優美なエレピのソロも入ってくると途端に古き良き時代のディスコ感が戻ってくる原点回帰なりミックスか。一方で"Dove Sei (SIRS Cut)"は原曲の雰囲気に沿ったニューディスコで、幾分かビート感が平たく均されてスムースな4つ打ちになり、そしてビートレスなブレイクも用いてじわじわと盛り上がっていく構成が埋め込まれている。原曲のアナログシンセが豊かに鳴るバージョンは当然として、他のリミックスもファンクなりミニマルの性質を盛り込んでおり、どれもそれぞれ祝祭感溢れる曲として魅力的だ。



Check Lovebirds
| HOUSE13 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4397
トラックバック