CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Ron Trent vs. Lono Brazil vs. Dazzle Drums - Manchild (In The Promised Land) (BBE:BBE443SLP) | main | Takecha - Deep Soundscapes (Love Potion:LVPTN002) >>
Ewan Jansen / Trinidadian Deep - Various Vol.1 (Chubby!:CHUB-001)
Ewan Jansen Trinidadian Deep - Various Vol.1

オーストラリアはシドニーを拠点とするパーティー/ポッドキャストであるChubby!がレーベルとしての活動を始めたそうで、その第一弾は耽美なディープ・ハウスを手掛けるオーストラリアのEwan Jansen、そして同様に耽美かつアフロなディープ・ハウスを武器とするTrinidadian Deepの二人によるスプリット盤だ。そして特筆すべきはデトロイトのベテランであるMike Grant、そして再評価を受けるジャパニーズ・ハウスの先駆けであるMissing SoulことMr. YTがリミキサーとして参加しており、つまりハウス・ミュージック好きな人にとってはその参加しているアーティストだけで十分に魅力的と言える一枚だ。Jansenによる"Plants"はスムースかつ芯のあるハウスの4つ打ちに合わせて透明感溢れる優美なパッドを伸ばし、輝きを含んだゴージャスなシンセのメロディーを配して、徐々に勢いを付けて飛翔するように壮大さを増していくハウスで、豊かに装飾されながらもけばけばしくはなく彼らしいエレガンスが光っている。対してGrantがリミックスをした"Plants (Mike Grant Remix)"はしっとり落ち着いた4つ打ちに抑えつつムーディーなエレピのコード展開を軸に控え目にシンセ等も散らし、より内向的と言うか豪華さを包み込んで控え目にする事でより耽美な空気が程良く発せられており、大人のディープ・ハウスと言った趣きは官能的ですらある。一方でディープ・ハウスという同じスタイルながらもアフロなパーカッションが印象的なTrinidadian Deepによる"Move Me"は、また彼が得意とするオルガンのソロが自由に大空を飛び回るように躍動し、鮮やかなパッドと絡み合いながら爽快な風と情熱的な空気を吹かせる。そして昔ながらのジャジー・ハウスを得意とするMr. YTによる"Move Me (Mr.YT Remix)"は、オリジナルよりも更に硬いパーカッションを弾けさせ新鮮かつ大胆なエネルギーの感じられるリミックスに仕上げており、同じパーカッシヴな味付けでもアフロではなく何処かジャジーな雰囲気があるのはやはりMr. YTの個性が故だろう。おおよそどの曲も目新しさや流行とは無縁で、それどころか各々の個性に沿ってオーセンティックなハウスを尊重したような作風は、しかしその力量があるからこそ時代に関係なく聞ける質がある。これぞディープ・ハウス。



Check Ewan Jansen & Trinidadian Deep
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4417
トラックバック