<< Marcel Lune - Family Grooves EP (Super Tuff Records:ST004) | main | Deadbeat - Wax Poetic For This Our Great Resolve (BLKRTZ:BLKRTZ018) >>
Carl Craig - Versus Remixes (Infine:IF2070)
Carl Craig - Versus Remixes
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

デトロイト・テクノにおいて最も作曲家/リミキサーとして活躍しているCarl Craigが、2017年に自身の名曲群をオーケストラ化したプロジェクトが『Versus』で、過去には著名なアーティストが同様のリメイクに挑戦しながらも確かな成果を得る事も出来ず失敗する事も少なくない作業において、しかしC2はFrancesco TristanoやMoritz Von Oswaldら強力なサポーターを起用する事でテクノとクラシックの融合を成し遂げた。そしてその続編として、一度テクノをオーケストラ可した作品を更にリミックスするという面白い企画となるのが本作で、Henrik SchwarzやTom Tragoら人気アーティストやレフトフィールドな変異体テクノのBenedikt Freyにミニマルかつデトロイトの叙情性も持つAntigoneの4アーティストに、クラシック化されたC2の名曲を更にリミックスさせている。その結果は当たり前と言えば当たり前なのだが、どれもフロア対応型のテクノ/ハウスになっており、勿論クラシックの芳香も残してモダンなダンス・ミュージックへと生まれ変わっている。スムースなビート感を刻みつつ美しく闇夜に光るようなストリングスやホーンを残した"The Melody (Henrik Schwarz Versus Remix)"は正にSchwarzらしい幽玄なディープ・ハウスで、元々音楽的な素養があるからこそクラシックとの親和性も見事でハウス化しながらも繊細な各楽器のメロディーが荘厳さを奏でている。"Domina (Benedikt Frey The Game Versus Remix)"はビートが無く荘厳さを際立てたクラシック・バージョンに比べると、エレクトロ的な射し込んでくる鋭利なビートが刺激的でビリビリと振動するような電子音も加わって、深い闇からエネルギーが溢れ出すような野心的なりミックスだ。そして静謐で重厚感溢れるバージョンだった"At Les"、広がりのあるホーンや幻想的なストリングスのオーケストラの部分は残しながらもミニマル・テクノ寄りにスムースな4つ打ちと電子音の反復を加えた"AtLes (Antigone Versus Remix)"においてはかなりダンス・フロアでの機能性を強めて、寧ろC2のVersusバージョンよりもテクノとクラシックの融解をより実践しているように感じられる。そして普段はディスコ等のサンプルを用いてファンキーな音楽性を披露するTom Trago、しかし"The Melody (Tom Trago Versus Remix)"は音を削ぎ落としながら間を作る事で派手な音は無くともファンキーな質感を打ち出したテクノになっており、Schwarzに比べるとやや地味なリミックスには思われるがうねるベースラインや硬いリズムで引っ張っていくグルーヴ性がある。テクノからクラシックへ、そして再度ダンス・フロアへと生まれ変わっていくこのプロジェクトは、しかしそれが単なる話題先行にはならずに4アーティストがクラシックの要素を活かしながら踊れるトラックへと作り変えており、面白さと質が伴ったリミックス集になっている。



Check Carl Craig
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4426
トラックバック