<< Brame & Hamo - Limewire EP (Brame & Hamo:B&H003) | main | Theo Parrish, Paul Randolph, Kathy Kosins, John Douglas, Amp Fiddler, Ideeyah - Gentrified Love Part 4 (Sound Signature:SS070) >>
Pepe Bradock - #12"@Last (Atavisme:ATA017)
Pepe Bradock - #12@Last
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

アルバムは制作しないわ、このご時世に一切のデータ配信もしないわと、DJ以外にとってはなかなか作品を手に入れ易い環境を作る気が全く感じられない奇才・Pepe Bradockが、しかしその偏に余りにも個性的かつ独創的なコラージュ音響ハウスによって聞く者を魅了し、孤高の存在と化しているのは言うまでもない。自身で主宰するAtavismeから淡々と年に1〜2枚のEPをリリースし続けており、その意味では高い品質を保ちながら安定供給を可能とする作曲家の一人ではあるのだが、この2017年作もやはりそのぶっ飛んだ世界観のハウス・ミュージックは一聴して彼の音楽であると認識出来る程だ。いつも通りと言えばいつも通りのコラージュ的な作品ではあるものの、"Tresors"は潰れたようなキックの4つ打ちがいつもよりは力強いビート感を刻んでおり、そこにぼやけたて微睡んだようなシンセのメロディーから鈍く歪んだコラージュのようなメロディーへと変化する上モノ、その裏には繊細な効果音による音響を控え目に持ち込んで、音の隙間を活かしながらメロウネスとファンキーさを共存させたハウスを展開している。また体感的にはジャジーなグルーヴもあったり、そしてラストのビートが消えてからの様々に入り組んで混沌としたコラージュ風な構成は、非常にBradockらしくもある。逆サイドの"Tsundoku"は更に肉厚で太いキックが大地に突き刺ささり重低音のベースラインが蠢くハウス・グルーヴで、彼にしては随分とずっしりマッチョなビート感だ。しかし酩酊したようにふらふらした掴みどころのない上モノや時折奇妙な効果音が顔を出しフィルターで変化を付けて展開する構成は、フロアを揺さぶる機能的なダンストラックではありながらも、幻惑的なトリッピーさも伴っておりやはりBradockの個性が光っている。この狂ったのか酩酊しているのか壊れたようなハウス・ミュージックは、その崩れ行く様の中にも退廃美が存在している。



Check Pepe Bradock
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4456
トラックバック