CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ジ・ワン
ジ・ワン (JUGEMレビュー »)
ウィル・セッションズ & アンプ・フィドラー Feat. デイムス・ブラウン,DAMES BROWN WILL SESSIONS & AMP FIDDLER Feat
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEUE TANZ
NEUE TANZ (JUGEMレビュー »)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Theo Parrish, Paul Randolph, Kathy Kosins, John Douglas, Amp Fiddler, Ideeyah - Gentrified Love Part 4 (Sound Signature:SS070) | main | Tominori Hosoya - Winter EP (Night Vision Records:NV030) >>
Detroit Swindle - High Life (Heist:HEISTCD01)
Detroit Swindle - High Life
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
次世代ハウス・ミュージックの先鋒の一つであるHeist Recordingsは、ベテランではなく若手の強力なアーティストを多く起用しディスコ/ジャズ/ファンクといった要素をブレンドしたハウスを武器にしたレーベルで、そんなレーベルを主宰するのがオランダのLars DalesとMaarten Smeetsのから成るDetroit Swindleだ。彼等自身は2012年にDirt Crew Recordingsからデビュー以降、Freerange RecordsやTsuba Records等の著名なレーベルからも作品を出して着実に評価を高め、2014年には初アルバムであるハウスを軸にクロスオーヴァーな方向性を見せた『Boxed Out』(過去レビュー)で彼等の評価を決定付けていた。あれから4年、彼等にとって2枚めとなるアルバムは自身のホームであるHeistにとって初のアーティスト・アルバムとなり、またDetroit Swindleの音楽性を更に拡張させる事に成功した素晴らしい作品となっている。オープニングには幕開けに相応しいノンビートの"Ketama Gold"で耽美なエレピやファンキーなベースラインを活かしたインスト曲で、ビートは無いながらも洗練されたモダンソウルを感じさせ、落ち着きながらもしかし高揚感を刺激する。その流れから続くタイトル曲の"High Life"で輝きを伴う優雅なストリングスが映えるブギーなハウスへと突入し、大胆に動くファンキーなベースラインやざっくりしながら跳ねるようなリズム感は躍動的で、清々しく喜びに満ちたハウスを展開する。"Call Of The Wild"ではパーカッションやジャンベのリズム帯、サックスやトランペット等に演奏家を起用して、アフロなグルーヴ感やジャジーなムードが入り乱れて、徐々に熱量を高めて情熱的に盛り上がっていくソウルフルなハウスを聞かせる。ギターやボーカルにTom Mischを起用した"Yes, No, Maybe"はリラックスしたビート感の気怠さにMischの飄々とした歌も加わってウキウキとノリの良いブギーな曲で、フューチャー・ソウルとでも呼びたくなる明るくもエモーショナルな面が際立っている。そしてインタールード的なロマンティックなシンセの響きを聞かせる"The Girl From Shiraz"を挟み、Seven Davis Jr.をフィーチャーした"Flavourism"で情熱的な歌と光沢感あるシンセのリフでぐっとエモーショナル性とファンキー性を強めたディープ・ハウスで、アルバムの中でピークタイムを作り上げる。その後には一転して毒々しいアシッド・ベースを用いたダークさと厳ついビート感を打ち出したテクノ寄りな"Freeqy Polly"、レイヴ調のブレイク・ビーツで切り込んでくるような攻め方の"Ex Machina"とフロアを強烈に揺らすトラックが続き、ラストには眠りに落ちていくような甘いアンビエントの"Lucky Number 13"で、徐々に心を落ち着かせて長いパーティーの終わりを迎えたようにアルバムは閉じられる。起承転結で纏まったアルバム構成、また一曲一曲のリスニング性とフロアの機能性を両立させた出来と、文句の付けようのない完成度だ。ジャズ、ファンク、ソウル、ブギー等多彩な要素も飲み込んでハウスとして展開する作風は正にHeistというレーベルを象徴するようでもあり、流石レーベルのボスとしての音楽性を発揮している。



Check Detroit Swindle
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4458
トラックバック