CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< S3A - Sydmalaide EP (Local Talk:LT090) | main | Rick Wilhite - The Godson IV (Mahogani Music:MM-42) >>
Tominori Hosoya - Moments EP (Lights:LIGHTS 01)
Tominori Hosoya - Moments EP

2018年はキャリア初のアルバムをリリースするなど、今まで以上に躍進を果たしたのがTominori Hosoya。Tomi Chairの変名も含めれば随分と長い活動歴を持ち、ここ数年はTH PressingやTC Whiteなど自身のレーベルも立ち上げて、自身の作品をリリースする傍らでは音楽性に共感するアーティストの作品も送り出したりと、音楽に対する熱意は高い状態を保っている。そして2018年に新たに立ち上げられたレーベルがLightsで、他のレーベルとの違いについては把握していないものの、音楽性自体はHosoyaらしい透明感や爽快感にエモーショナル性が込められたテクノ/ハウスとなっており期待を裏切らない内容だ。本作は実は既発の曲も含まれているのだが、2017年に配信で他のレーベルからリリースした作品が、しかしそれらはレーベルの消滅と共にオンライン上から失われてしまったそうで、そんな曲のアナログとしての形での復活に加え未発表バージョンや新曲も収録する事で、新たな一枚として完成した。"Midnight Drive On St. Valentine"はその失われた1曲で、叙情性豊かなシンセのメロディーとパーカッシヴなグルーヴで快活に走り抜けるディープ・ハウスは爽快感抜群で、底抜けに青い大空へと吸い込まれていくようだ。コンガらしきパーカッションが心地好く空を抜ける"Palm Springs (Pure Memory Version)"も安定感あるビートが続きながら疾走するハウストラックで、エモーショナルで澄み切ったシンセの美しさはあるもののしかし空間を埋め尽くされないように音を選んだすっきりした構成で、そのおかげかより疾走感が活きている。"Mother's Pride"は失われたもう1曲、どっしりと重いキックが安定したグルーヴを刻みそこにアトモスフェリックな上モノが覆い被さっていくアンビエント色強めなディープ・ハウスでだが、薄っすらと情緒を発する中に入ってくる豊かな色彩感のあるメロディーによって壮大な景色が広がっていく。最後の"Slow Growth In Womb"は新録で水蒸気に満たされたようなしっとりとしたアンビエントの雰囲気に中にキレのあるハイハットやずっしりしたキックがリズムを作り、シュワシュワと情緒が溢れ出してくる上モノのシンセが持続する曲は、しかし他の曲に比べるとやや密閉されたフロアで鳴るテクノ的な印象を受ける。野外の開放感、または暗き闇が支配するフロアなど曲によって受け取る雰囲気は異なるが、しかしどれにもHosoyaらしい情感豊かなシンセによる耳を引き付けるメロディーが魅力的に存在しており、エモーショナルな響きが体の隅々まで伝わってくる。



Check Tominori Hosoya
| HOUSE14 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 18:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック