CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
セレブラル・ヘミスフィアーズ
セレブラル・ヘミスフィアーズ (JUGEMレビュー »)
ミスター・フィンガーズ,MR. FINGERS
RECOMMEND
BLACK SUN
BLACK SUN (JUGEMレビュー »)
FAR OUT MONSTER DISC
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2005/11/22 CLUB PHAZON - WOMB MOBILE PROJECT @ Laforet Museum Roppongi | main | Juan Atkins - 20 Years Metroplex 1985-2005 (Tresor:Tresor.216)) >>
Electric Institute (New Religion:REG118CD)
Electric Institute
Amazonで詳しく見る

今年はやたらデトロイトテクノがブームになっている気がします。デトロイトの大物の来日、レアなコンピレーションやデトロイトクラシックの再発、限りなく続く新譜の発表などとにかく今年はデトロイトが熱い!それでだ、年末に差し掛かり究極のデトロイトコンピとも言えるアルバムが遂に出ました。今まで数多く発表されたデトロイトテクノのコンピレーション(「Cosmic Soul」や「Panic In Detroit」、「Virtual Sex」など)を上回る力作、確実にデトロイトの最良の瞬間が閉じこめられている「Electric Institute」です。コンパイラーはデトロイト信者であるKirk Degiorgioが務めているのですが、彼のこの仕事は尊敬と畏敬の念を以てして迎えられるべきである程です。Kirk自身はAs One、Blue Binary、Super-A-Loof(Ian O'Brienを含む)名義で曲を提供し、そしてデトロイトの天才69(Carl Craig)、新世代デトロイトアーティストNewworldaquarium、古参のデトロイトフォロワーBalil(元Black Dog)、デトロイトハウサーShake(Anthony Shakir)、Derrick Mayの愛弟子Stacey Pullen、そしてリミキサーとしてDerrick Mayも起用され、これまでに類を見ないアーティストが集結しています。隠れた未発表音源や未発表バージョンを集める為に各アーティストに声をかけたとの事ですが、さすが信頼を置けるKirkだからこそこれだけの楽曲を集められたのでしょう。どの曲も90年前後のデトロイトテクノ至福期を感じさせる深いエモーションを感じさせ、未来派なテクノサウンドはこれからも歩みを止めないデトロイトテクノの前衛性を表現しています。これを機にKirkはかつて活動させていた伝説のテクノレーベル・ART(Applied Rhythmic Technology) を復活させ、テクノの可能性をこれからも追求していくそうです。確かにこのコンピを聴けばテクノの深さと広大さはまだ無限の様であり、それはテクノを含めたエレクトロニックミュージックの可能性にも繋がっていくのだと思いました。冗談ではなくて期待と幸福、そして可能性を見出せるのです。本当に素晴らしいコンピレーションが登場しました。

試聴

Tracklistは続きで。
1 balil - glass dual
2 domu - quarantine
3 beetlejuice - whatever happened to the cosmic kid?
4 blue binary - electric institute sector 1
6 blue binary - electric institute sector ll
7 new world aquarium - monkey world
8 blue binary - pyramid l
9 kirk degiorgio - mindflay
10 blue binary - pyramid ll
11 69 - puntang (edit)
12 neuropolitique - artemis (mayday mix)
13 shake - the stranger
14 blue binary - to the exoplanets
15 stacey pullen - liquid letter
16 super-a-loof - night on the promenade
| TECHNO2 | 23:00 | comments(3) | trackbacks(2) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
うわぁ〜!! これ凄いですね。
マチュさんの文章読んでいると、これ買わなきゃ損する感じです。
デトロイトこれからってな僕にもいいですかね?
| Hide | 2005/11/25 10:53 AM |
>Hideさん
はい、もちろんこれからデトロイトテクノを聴く人には
その良さを分かって頂けるだろうし、テクノをこれから
聴く人にも勧めたいです。テクノって素晴らしいと
再度認識させてくれました
| マチュ | 2005/11/25 9:23 PM |
 コメントとトラバありがとうございます.
最近,デトロイトテクノが熱いですね.URのlive音源の
リリースは僕も驚きです.しばらくはデトロイトテクノの
リリースラッシュが続きそうです.
 当時のインテリジェントテクノと呼ばれていたものから
僕はテクノに入り込んだので,なぜか思い入れがあります.
久々のコンピの名盤という感じです.
| hit222 | 2005/11/29 11:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/446
トラックバック
インテリジェントテクノ
The Electric Institute / V.A.  kirk degiorgioが編集したコンピアルバムです.かつて彼が運営していた<Applied Rhythmic Technology> レーベルの秘蔵/未発表音源集から編集されており,コンセプチュアルアルバムと言っても過言ではない統一感があります.  メ
| ひととして生きるべき道 | 2005/11/29 10:56 PM |
Various 『The Electric Institute』 (A.R.T./New Rel...
今年はなんというコンピやミックスCDの当たり年なんだろう。。 以前紹介した『Planet Delsin』も文句のつけようがない内容だったけれど、 それと双璧を成すかそれ以上な素晴らしすぎるテクノアルバムが登場。 New ReligionはUKベースのポストデトロイトなテクノレ
| B 2 F L o g | 2005/12/01 4:03 AM |