CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2019/1/26 Forbidden Dance × FreedomSunset ”New Years Party” @ Solfa | main | Captain Vinyl Presents Diggin' Disco (Universal Music:UICZ-1681/2) >>
Rolf Trostel - Edward Versions (Die Orakel:ORKL-11)
Rolf Trostel - Edward Versions
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
かつてはWhite、そして現在はGieglingと職人芸のように繊細で美しい音響を聞かせる電子音楽を得意とするレーベルの主軸アーティストであるEdwardが、2018年にDie OrakelからリリースしたEPが興味深い。2013年にはクラウト・ロック方面で多大なる功績を残したConny Plank、そして2015年にはアンビエント重鎮のHarmonia & Enoのリミックスを行ったEdwardが次に挑戦をしたのは、Rolf Trostelの1982年作のリミックスだ。Trostelは1980年代初頭に活動していたシンセサイザー奏者で、特にTangerine Dreamなどのような奇妙な電子音が特徴的なジャーマン・プログレに影響を受けて音楽制作を行っていたようだ。本作は彼がリリースしたアルバム『Der Prophet』からの曲がリミックスされているが、原曲はTB-303のベースシンセやTR-808のリズムマシンも取り入れながらもそれよりもPPG Waveの毒々しいデジタルシンセ音が印象的なイマジネーションを刺激するエレクトロ・ポップ調な曲でもあり、その当時からの遠い未来を想像するようなレトロ・フューチャーな雰囲気もある。そんな曲を現代的なダンス・ミュージックとして解釈すると、"New Age Of Intelligence (Edward Version)"では原曲のシンセの雰囲気は残しながらも壮大なサウンド・トラック的な雰囲気は削ぎ落とされ、逆に軽く歯切れの良い4つ打ちのリズムを終始保ちながら細かい電子音響も散りばめて、如何にもEdwardらしい繊細な音響の美しさが際立つテクノへと生まれ変わっている。12分にも渡る長尺にて大きな展開をする事はなくミニマルとしての機能性を強調して持続感を引き出し、その長い時間ながらも微細な変化によって飽きさせずに酩酊感を作っていくモダンなミニマル・テクノは、Edwardの新作と呼んでも差し支えはない。そしてよりフロアでの機能性を高めたのが"Der Prophet (Edward Version)"で、ザクザクとしながらうねるリズムによってグルーヴ感が持続するトラックはミニマル・ハウスそのもので、そこに快楽的なミニマルなシンセの反復の中を奇妙に変化する電子音が掻い潜り、そして中盤からはオーケストラ風の豊かなシンセメロディーが感情性豊かに展開する事でドラマティックな盛り上がりも演出する。揺さぶりを生む激しさではなくグルーヴの持続性とメロディーの快楽性によって、フロアの雰囲気をコントロールしながらもじわじわと高揚を誘う曲で、Edwardのミニマルな美学が感じられるだろう。



Check Edward
| TECHNO14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4473
トラックバック