CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Obas Nenor - Warm Yellow Stickers EP (Nenorion Music:NEN 003) | main | Mildlife - Mildlife Remixed (Research Records:RREP01) >>
Yuri Shulgin - Animal Planet (CockTail d'Amore Music:CDA024)
Yuri Shulgin - Animal Planet

かつてMistanomistaを名乗っていたロシア系アーティストのYuri Shulginは、多数の楽器演奏も行うマルチプレイヤーらしく生っぽくライブ感あるディープ・ハウス/ビートダウンな作風で注目を集めていたが、近年はYuri Shulgin名義においてジャズっぽさは残しつつもヒプノティックな電子化を強めて、アシッドやオールド・スクールな感覚も持ち込んだ作風でより現代的なダンス・トラックの方向へと進んでいたように思う。その音楽性が決して間違っているとは思っていないが初期の作風に思いがあった当方としては、またMistanomista路線は復活してくれないものかという思いもあった。そんな中でベルリンの独創的な新世代テクノ/ハウスを送り出すCocktail D'Amoreからリリースされた新作は、彼らしいライブ感と共に確かにレーベル性の変異体ディスコを継承した奇抜な音楽性に溢れており、アーティストとして一皮剥けた成長を果たしている。タイトル曲となる"Animal Planet (Main Mix)"は近年の作風通りにアシッドのベースラインやカタカタとしたTR系のリズムを用いているが、それによって懐古的なオールド・スクールに向かう事もなく、爽快に響くタムと共にトリッピーな効果音や自由に躍動するフュージョン風なシンセのメロディーが鮮やかな色彩感覚を生み出して、ヒプノティックなモダン・ディスコとでも呼ぶべき作風を確立させている。"Boogie Space"もドタドタとしたドラムやアタック感の強いシンセタムが辿々しくもライブ感溢れるグルーヴを生んでおり、そこに捻れるアシッド・サウンドや奇抜な電子音が飛び交い、古き良き時代がアップデートされたシンセ・ファンクな作風はShulginの演奏力に裏打ちされているようだ。"Walking"になるとギターや管楽器も有機的な絡み合いながらよりジャズやファンクの要素が打ち出され、Mistanomista名義の作風を思い起こさせたりもする。"Dubby Body"はキックが入らずにスネアやハイハットで軽いビート感に合わせ、ヒプノティックな電子音響が続き抽象的な展開でただただディープな世界観を構築する異色な曲だが、その分だけ深い音響によって酔わせられるようだ。CockTail d'Amoreからリリースされただけあってそのトリッピーなディスコ/ファンクな作風は、なかなかな個性を放っている。



Check Yuri Shulgin
| HOUSE13 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 17:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4476
トラックバック