<< Marcus Worgull - Love Song EP (Innervisions:IV81) | main | Kim Brown - Pleasuredome Continuum EP (Needwant Recordings:NEEDW 056) >>
Toto Chiavetta - Harmony Somewhere EP (Innervisions:IV80)
Toto Chiavetta - Harmony Somewhere EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

多くの実力あるタレントを抱えるベルリンのInnervisions、そんなレーベルからの新興勢力として台頭してきているのはイタリアのToto Chiavettaだ。DJとしては1998年頃から活動をしているようだが、作曲家として頭角を現したのはここ5年程だ。その間にアフロ・スピリチュアルなYoruba RecordsやIbadanにエレクトロニック性の強いInnervisionsやLocal Talkから、生っぽくアフロ・アフリカンな要素をサイケデリックかつドープなハウスに落とし込んだ強烈な曲を数多くリリースしており、それらはフロア即戦力になるに違いない。本作は2018年8月にリリースされたInnervisiosからは3作目となるEPで、以前にも増してアフロな要素が光りつつ重厚感あるエレクトロニックな響きが妖艶だ。"The Core"は勢いのあるダンス・トラックというわけではないが、サイケデリックな電子音が持続する中に土着的で迫力あるパーカッションが打ち鳴らされ、覚醒感がほとばしる電子音が飛び交いながらじわじわと盛り上がっていくような構成で、パーティーの序盤に用いられるような印象だ。"Transit Europe Express"はInnervisionsらしい艶のあるエレクトロニックな響きがある硬めのハウスだが、雄叫びのような原始的なボーカル・サンプルを織り交ぜて土着的な空気を纏いつつ、色っぽくトランシーなメロディーが妖艶に舞い踊って一聴して耳に残る印象的な曲で、真夜中のフロアは間違いなく高揚感に包まれる事だろう。そして本EPの中で最も推しなのがケニアのアーティストであるIdd Azizをフィーチャーした"Dzukulu"で、アフロ感溢れる民族的なボーカルと乱れ打つ着的パーカッション、そしてどす黒いベースラインによって深い森林の奥地へと誘い込まれるアフロ・テック・ハウスとでも呼ぶべき作品だが、Chiavettaらしいトランシーな上モノは快楽的でキラートラックに成りうる性質を秘めている。"Harmony Somewhere"は不気味な囁きとトランシーなリフを反復させたミニマル性の強いDJ仕様な構成だが、スネアロールを用いた古典的なブレイクも導入するなどして、変化の少ない構成ながらも盛り上がるタイミングも持っている。アナログではこの4曲、そしてデジタルでは追加で2曲収録されているが、どれもダークでドラッギーな世界観にアフロな要素が自然と同居しており、Toto Chiavettaというアーティスト性が見事に確立された作品だ。



Check Toto Chiavetta
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4486
トラックバック