CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 那須温泉 小林館 ~ 鹿の湯 ~ 滝の湯 | main | Obas Nenor - Warm Yellow Stickers EP (Nenorion Music:NEN 003) >>
Garrett - Private Life II (Music From Memory:MFM036)
Garrett - Private Life II
Amazonで詳しく見る(MP3)

アンビエントからニュー・エイジ、ファンクやジャズにエクスペリメンタルと特定のジャンルにとらわれずに、そして基本的には過去の時代の狭間に取り残されたように眠っている音源を掘り起こす、オブスキュア・サウンドの代表的レーベルであるMusic From Memoryは、しかし非常に数少ないものの時には過去ではなく未来への視点が向けられた作品もリリースを行う。その一つがLAのミステリアスなプロデューサーとしてMFMから2017年にデビューしたGarrettで、その後その正体はモダン・ファンク代表格のDam-FunkことDamon G. Riddickによる新たなプロジェクトである事が判明した。『Private Life』(過去レビュー)は彼のモダン・ファンクな音楽性にバレアリックな世界観が加わった作品として高い評価を獲得したが、それから一年を経て届いたその続編である本作は、よりバレアリックやアンビエントへと傾倒し静かな海辺の夕焼けのようなメロウなサウンドを強めている。アルバム冒頭の"Gotta Get Thru It"が既に本作を象徴するような作風で、TR-808系のパーカッションが柔らかい膨らみを生むようにリズムを刻んでいるが、しかし何よりも極彩色の光沢さえも放つようなシンセの薄っすらとした伸びや甘いエレピの装飾は非常にロマンティックで、夕日を望む遠景に自我も溶け込んでいくようだ。かっりちとしたロービートが刻まれDam-Funkの面影を残す"Changes"でも自由にメロウな旋律を奏でるエレピやフュージョン風な豊かなシンセの音色がこれでもかと切なさを誘い、しんみりとしたムードが満点。そしてアンビエントへと向かった"Awaiting The Light"ではビートは完全に消失し、その代りにぼんやりとしたシンセのドローンが抽象的に持続して、その中に星の瞬きのような電子音の響きも加えてそのロマンチシズムはピークへと達している。リラックスしながらもざっくりしたヒップ・ホップのビートに和んで甘いシンセを被せた"Warn Sentiments"、透明感のあるシンセやエレピが揺蕩いその下ではキレのある鋭角的なビートがしっかりと地を掴む"Sitting At The Bar Waiting"とリズムの躍動が心地好い曲もあるが、それにしても白昼夢に浸るドリーミーな音の響きはバレアリックだ。がやはりGarrett名義を主張するのはビートの無い曲で、弦楽器らしきアルペジオに先導され浮遊感たっぷりに宙を優雅に舞う"Conflicted Lovers"は、フュージョンやアンビエントが一つとなり豊かな情感を誘発する。全編通して色彩溢れるシンセが躍動するメロウでバレアリックな、部屋の空気を切なさで満たす素晴らしきリスニング・ミュージック。MFMのレーベルの知名度を更に高める事間違いなしの一枚だ。



Check Dam-Funk
| ETC4 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4538
トラックバック