CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Darling - Tulipa Moves (Safe Trip:ST 012-LP) | main | 2019/1/18 Guidance〜導き導かれる人生〜 14th Anniversary @ Contact >>
Hugo Mari - Change Ur Ways (Heist:HEIST 035)
Hugo Mari - Change Ur Ways
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Max GraefにNachtbrakerやNebraskaら強力な新世代アーティストを擁するハウス系レーベルのHeistから見知らぬアーティスト名であるHugo Mariの初の作品がリリースされたが、ネット上で調べてみるとどうやらOmenaやXVI Recordsから作品をリリースしているロンドンの新鋭・Booksの本人名義での活動のようだ。前述のレーベルからの作品ではサンプリングを用いながら生っぽさも残してディスコティックな雰囲気のあるハウスを聞かせており、一聴して耳を惹き付けるキャッチーなメロディーの魅力もあって、既に人気DJからもサポートされているという。そして新作はHeistからとなれば、このレーベルが既に実力ある多数DJを輩出しているのだから、もはやHugo Mariの実力もお墨付きというものだろう。レーベルとしてはブギーでブラック・ミュージック性も強い音楽性もあってか、この新作は以前にも増して生々しく黒さが発せられている。特にそれが顕著なのは"Get Loose"で生っぽくざらついた4つ打ちのリズムに大きくうねるベースラインを強調したトラックに、艶めかしいソウルフルな歌や官能的なトランペットやピアノも加わってジャジーでブラック・ミュージックらしく展開するこの曲は、例えばMoodymann辺りが好きな人にも響くに違いない。"Change Ur Ways"はもっと分かりやすいハウス・ミュージックで骨太で硬いキックが地面に突き刺さりつつ、同じく薄っすら繊細なピアノやトランペットが色気を滲ませ、強いグルーヴで跳ねながらもエモーショナルな芳香が沸き立っている。"Can You Feel Your Senses?"はやや湿り気を帯びた音質のビートと感傷的なシンセのコード展開を用いて、そこに入ってくるダビーな呟きが儚さを演出し、EPの中でも最もメランコリーでソウル性の強い曲調になっている。そして特筆すべきはデトロイト・ハウス方面でアンダーグラウンドな活動を行っているKai Alceがリミキサーとして参加している事で、"Get Loose ft. Zodiac (Kai Alce NDATL Mix)"は原曲の雰囲気を殆どいじってはいないものの、原曲が多少ディスコやファンク寄りだとしたらリミックスはより滑らかな流れや質感を持ったディープ・ハウスとして丁寧に磨きをかけられており、デトロイト・ハウスとしての情熱的な温かみが増している。どれもソウルフルで心に訴えかけてくる感情性の強さがあり、アーティストとして一目置くべき存在だ。



Check Hugo Mari
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4544
トラックバック