<< Placid Angles - First Blue Sky (Magicwire:MAGIC017) | main | Leon Vynehall - DJ-Kicks (!K7 Records:K7377CD) >>
Emilie Nana - I Rise - The Francois K Remixes (Compost Records:CPT 527-1)
Emilie Nana - I Rise - The Francois K Remixes
Amazonで詳しく見る(MP3)

DJだけではなくアーティストとしても比類なきプロダクション能力を持ったFrancois KevorkianことFranocois K.も、近年は基本的にはDJ業へと専念しており、彼自身の素晴らしい音楽を聞ける機会が減っているのは本当に残念に思うばかり。とそんな所にFranocois K.による久しぶりのリミックス作品が届けられたが、こちらはカメルーン出身でフランスで活動するEmilie Nanaの『I Rise』のリミックス作品。Nanaは主にCompost Recordsで活動するアーティストで、ハウスを軸にしながらブロークン・ビーツやヒップ・ホップ、アフロやダウンテンポといった音楽性を含む幅広さがあり、その意味ではCompostらしいクロスオーヴァーな音楽性を継承している。『I Rise』の原曲も未来感あるエレクトロニックな響きに崩したリズム感のブロークン・ビーツを用いて、クールかつスペーシーな作風が魅力的なものではあるが、そこにFranocois K.の手が加われば完璧なまでのハウス・ミュージックに生まれ変わる。"Francois K Journey Vocal"は歌を残したリミックスで原曲のイメージを変えるというよりは更にスペーシーな世界観を強調した内容で、硬いキックや軽やかなパーカッションを用いた安定感のあるハウス・ミュージックの4つ打ちと透明感のある電子音のリフで引っ張っていくが、無駄な音が無くすっきりした間がより大きな空間性を生んでおり、この音の間を活かした構成がFranocois K.のダブ的空間処理に繋がっている。激しくもなければ緩くもない丁度良いグルーヴ感が走りながら、浮遊感のある音響処理によってまるで宇宙空間を遊泳するような世界観で、10分越えの大作ながらも全く冗長に感じずに何処まで行っても洗練されたエレクトリック・サウンドに魅了される。"Francois K Dub"はその名の通りボーカル無しのインストバージョンだが、そのおかげでパーカッションの心地好い響きや繊細な電子音のメロディーがもっと感じられるようになり、スペーシーなディープ・ハウスとしてミックス向きな印象だ。"Francois K Bonus Beats"はもう完全にツール特化型のリミックスで、ドラムやパーカッションを前面に打ち出したリズムトラックなのだが、骨太なキックのグルーヴ感や爽快なアフロ・パーカッションが弾けており、ダビーな音響空間がとても奥深い。以前に比べ制作面においてはペースは落ちているものの、やはり制作に於ける能力も超一流で流石のFranocois K.と言わざるを得ない。



Check Emilie Nana
| HOUSE14 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4556
トラックバック