<< Kim Brown - Pleasuredome Continuum EP (Needwant Recordings:NEEDW 056) | main | 2019/2/22 Music Of Many Colours with Rancido @ Contact >>
山口美央子 - 月姫 (pinewaves:PW-04)
山口美央子 - 月姫
Amazonで詳しく見る(日本盤)

ダンス・ミュージックの界隈で発生している和モノ・ブームだが、例えばニューエイジやアンビエント方面で前衛的な活動を行うMusic From Memoryからもニューウェーブ・ポップのdip in the poolがリイシューされるなどの流れを見ると、それを単なるブームとして冷ややかな視点で見逃してしまうのはもったいない。時代に埋もれながらも魅力ある作品だからこそリイシューに至っている事も事実であり、例えば2017年に纏めて3枚リイシューとなった山口美央子のアルバムも、当時は売れなかったものの同様に魅力的だ。1980年に「シンセポップの歌姫」というキャッチコピーでデビューしたそうだが、売上的には芳しくなくその当時の最終作品である本作で自身の作品を制作する事は止めてしまう。その代わりに作曲家として様々なアーティストに楽曲を提供し、表舞台には立たずとも音楽的才能を発揮していたようだ。

さて、1983年にリリースされた本作は、それまでのオリエンタルなシンセ・ポップ/テクノ・ポップな作風ががらっと変わったわけではないが、しかしジャンルとしてのアンビエントではなくアンビエントなムードが全体に立ち込めており、その意味では昨今のアンビエントやニューエイジの再評価の中に含められてもおかしくはないだろう。プロデューサーに立川直樹、アレンジャーに土屋昌巳、シンセサイザープログラマーに松武秀樹など一流のサポーターが揃っている事も影響は大きいだろうが、何処か懐かしいレトロなシンセのサウンドの響きと共に哀愁が溢れ出す山口のメロディーの素晴らしさは、非常に耳馴染みが良いという意味でポップだ。風鈴のサンプリングから始まるアンビエント調の"夕顔 ―あはれ―"はしかし繊細で美しいピアノのコードへと展開し、シンセの効果音も色々と鳴る中に切なく悲哀の歌が続く。続く"夏"は流麗なシンセストリングスやアナログのキックが印象的で、演歌にも似たようなゴージャスな感もありつつ、物悲しい歌によってしんみりと纏められている。そして"沈みゆく"では何とTR-808のリズムマシンによる素朴で簡素なリズムが鳴っており、そこにシンプルながらも繊細な美しさが際立つピアノが淡い叙情を付け加え、シンプルな構成だからこそ音の響きや心に染みる旋律の良さが際立っている。本作を最も特徴付けているのは"白昼夢"で間違いなく、浮遊するようなアブストラクトなシンセから始まり、そこからほんのりとメランコリーなピアノの旋律が現れ霧がかったようなシンセが全体を覆うこの曲は、正に白昼夢に溺れている状態のポップ・アンビエントだ。中には"月姫 - Moon Light Princess -"のようにアニメソングにも似たような弾けるシンセ・ポップな曲もあるが、変わったシンセの使い方の響きやアタック感の強いキックなど、ここら辺はYMO辺りのファンにも訴求出来るだろう。アンニュイだったりメランコリーだったりという要素が曲によって現れながらも 全体としてはポップでアンビエントな響きで山口の書く旋律が非常に心打つもので、時が経とうとも全く風化しない普遍性がある。何故当時これが売れなかったのか、それは時代が早過ぎたのかもしれないが、こうやって和モノ・ブームの中で再発掘されたのは当方にとっても山口というアーティストに出会うきっかけとなり非常にありがたいものだ。





Check Mioko Yamaguchi
| ETC4 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4573
トラックバック